2022年 10月 7日 (金)

原子力発電所事故を風化させず事実を伝え続ける 開館から1年を迎えた廃炉資料館

「事実」を伝えていく使命はずっと変わらない

   2階には、事故当時に対応に当たった社員9人が映像で振り返る展示がある。今後、証言を増やしていく予定だ。牧ノ原さんは「当館には当社社員も大勢来ていますが、中には当時まだ幼かった人もいます。そういう若手社員にも事実をきちんと伝えていきたい。被災した人たちは、10年たってもその時の気持ちを忘れることはないのですから、私たちが忘れるわけにはいきません」と表情を引き締めた。

   資料館は2年目を迎えたが、鶴岡館長によれば「事実を伝えていく私たちの使命は、今後ずっと変わりません」。廃炉の完了までの道のりは長い。だからこそ、「ここに来たら最新情報が分かるように、スピード感をもってわかりやすく情報を出していきます」と語った。

   彼らの地道な努力は決して途切れることなく続いていく。


【東京電力廃炉資料館】
~開館案内~
所在地:福島県双葉郡富岡町大字小浜字中央378
開館時間:9時30分~16時30分
休館日:毎月第3日曜日 および年末年始
入館料:無料(駐車場無料)

~アクセス~
JRご利用の場合
東京からいわきまで常磐線特急で約2時間30分
いわきから富岡まで常磐線普通列車で約40分
富岡駅から徒歩15分、タクシー5分

車ご利用の場合
常磐自動車道広野ICより約20分
常磐自動車道富岡ICより約15分


姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック