2020年 6月 3日 (水)

武漢チャーター機の帰国者は「全員隔離」すべきか 新型コロナ対策、専門家に見解を聞く

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   新型コロナウイルス感染による肺炎が広がる中国湖北省武漢市から政府チャーター機で帰国した日本人について、症状の有無を問わず全員を隔離すべきという声がインターネット上で広がっている。第1便が羽田空港に到着した2020年1月29日には、ツイッターのトレンドワードにも「全員隔離」が入った。翌30日には、帰国者のうち3人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、うち2人は症状がなかった。

   政府は体調に問題がない帰国者を、「自宅やホテルで待機」してもらうようにしている。一方で報道によると、日本と同じようにチャーター機で自国民を帰国させているオーストラリアや韓国などは、帰国者を一定期間「全員隔離」する対応を取っている。全員隔離は必要なのか、関西福祉大学教授で医学博士の勝田吉彰氏に見解を聞いた。

  • 新型肺炎が世界に拡大している(写真はイメージです)
    新型肺炎が世界に拡大している(写真はイメージです)
  • 新型肺炎が世界に拡大している(写真はイメージです)

「全員隔離しないのかよ」

   厚生労働省は30日、国立国際医療研究センターでの検査の結果、チャーター機第1便の帰国者206人のうち40~50代男女3人から新型コロナウイルスが検出されたと発表した。うち2人は、帰国後も症状がなかった状態で感染を確認した初のケースとなった。同省は濃厚接触者の把握など調査を続けていく。

   206人が帰国した29日の同省の発表によると、この時すでに発熱などの症状があった5人は医療機関へ搬送。残る201人のうち同意を得た199人は同センターで検査を行い、8人に症状が認められ、7人が入院した。症状がなかった残る191人については、「少なくとも2週間は外出を控えていただくようお願いをするとともに、定期的に健康状態をフォローアップしていきます」としていた。検査の同意が得られなかった2人も自宅に送り届け、健康状態を見ていく。

   一方、帰国後に症状のみられなかった人は、一時滞在を受け入れている勝浦ホテル三日月(千葉県勝浦市)に向かうか、自宅に戻った。政府は、2週間の自宅待機を要請し、健康状態を確認していくことになった。

   新型コロナウイルスの感染が世界中で拡大している状況を受け、諸外国も武漢にチャーター機を派遣しているが、帰国後の対応が日本と異なる国もある。韓国では帰国後2週間、韓国政府が指定した施設に帰国者を全員隔離。オーストラリアも同国領クリスマス島の施設に2週間、全員隔離すると、それぞれ複数メディアが報じた。

   こうした他国に比べ、チャーター機での帰国者を全員隔離とせず、症状がないとはいえ一部帰国者を「自宅・ホテル待機」とした日本の対応は、ネット上で議論の的となった。ツイッターでは「全員隔離しないのかよ」「同じチャーター機の搭乗者全員隔離しないっていう対応は、かえって帰国者の方の近隣住民の不信感や疑心を煽るから、良くないと思う」「武漢から日本に戻ってきた人間は全員隔離したの?してないよね?」などの声があがり、29日に「全員隔離」「自宅待機」といったワードがトレンド入りした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中