2020年 2月 21日 (金)

今度はスパイク?厚底シューズ問題が飛び火 好タイム連発で論争に...ナイキ試作品めぐり

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   陸上長距離界で注目を集める「厚底シューズ」問題がトラック種目のスパイクに波及した。

   英紙ガーディアン電子版は2020年2月2日、陸上女子800メートルで英国の屋内記録を更新したジェマ・リーキー(英国)が使用したスパイクについて、ソーシャルメディアで懐疑的な声が上がっているとの記事を掲載。「厚底シューズ」問題がスパイクに飛び火して議論が再燃している。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

自己記録を4秒近く更新して新記録、2位選手も好記録

   記事によると、リーキーは2020年2月1日にスコットランド・グラスゴーで行われた陸上大会(屋内)に出場し、女子800メートルで1分57秒91をマーク。この記録はリーキーが持つこれまでの記録を4秒近く更新するもので、2010年に樹立された英国屋内記録1分58秒43を更新し、世界屋内記録11位というものだった。2位のローラ・ミュア(英国)も1分58秒44の好タイムをマークした。

   好タイムが連発したことで、英国の一部ソーシャルメディアでは、リーキーとミュアが着用した米大手スポーツメーカー・ナイキ製のプロトタイプ(試作モデル)のスパイクに懐疑的な声が上がっているという。2人が着用したスパイクは、彼女らのパフォーマンスの重要な要因であるか、または世界陸連の新たなルールに照らして禁止されるべきかが議論の的となっているようだ。

   世界陸連は1月31日、2020年東京五輪に向けてシューズの新ルールを発表した。「厚底シューズ」については現在市販されているシューズの着用が認められた。4月30日以降の大会で使用が可能となるのは、大会4カ月前に市販され、靴底の厚さは4センチ以内、中に入れられるプレートは1枚だけとなる。トラック種目で着用するスパイクは、ソールにスパイクピンを装着する目的としてプレートを追加することが認められ、同じく4月30日以降の大会で使用可能となるのは、大会4カ月前までに市販されたものに限られる。

スパイクは合法でまもなく店頭に...

   記事によると、リーキーとミュラの両選手をコーチするアンディー・ヤング氏は「ローラやジェマのスパイクにはカーボンブレートはなく、あるのはただのプラスチック板だけです」と語り、スパイクは合法なものであり、まもなく店頭に並ぶとしている。

   また、世界陸連のスポークスマンはリーキー、ミュラのスパイクに疑惑はないとし、「1枚のプレート(スパイクがねじ込まれているプレートに加えて)があり、ソールの厚さが3センチを超えない場合、基準を満たします」と話した。

   「厚底シューズ」の使用に関しては、現場の選手から様々な声が上がるなか、ようやく新ルールが設けられ一応の「決着」を見せていた。今回のスパイク騒動にみられるように、スポーツ用具の技術革新による記録向上の問題は、陸上界だけではなくあらゆるスポーツ競技で今後、議論が必要となってくるだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中