2020年 2月 18日 (火)

井上尚弥を再三挑発 王座統一戦控え「敵地」報道も過熱

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ボクシングの3団体王座統一を目指すWBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(26)=大橋=のフィリピンでの注目度が急上昇している。

   2020年4月25日(日本時間26日)にWBO世界バンタム級王者ジョンリエル・カシメロ(30)=フィリピン=との王座統一戦が決定し、カシメロの母国フィリピンの地元メディアは連日、井上VSカシメロ戦をクローズアップ。統一戦を2カ月半後に控え、早くもヒートアップしている。

  • 井上尚弥(2016年撮影)
    井上尚弥(2016年撮影)

「俺こそが本物のモンスターだ」

   フィリピンの地元メディア「MANILA BULLETIN」は2月4日、「ジョンリエル・カシメロを警戒するモンスター」と題する記事を掲載。井上がカシメロを警戒するポイントを「ハードパンチ」「デンジャラス」「ワイルド」とし、井上がカシメロ戦に備えてすでにスパーリングを再開していることなどを紹介している。

   昨年11月に井上はフィリピンのレジェンドで世界5階級制覇ノニト・ドネア(フィリピン)と対戦し壮絶な打ち合いの末、判定勝利を飾った。複数の海外メディアから2019年度の「年間最高試合」に選定されるなど、レジェンドVSモンスターの一戦は世界中で高い評価を受け、フィリピンでも「INOUE」の名は広く知れ渡った。

   フィリピンのレジェンドを破った男が、ドネアの後継者と期待されるカシメロと対峙する。現地メディアでは、井上VSカシメロ戦が正式決定する前からカシメロのインタビュー記事を掲載し、そのなかでカシメロは「俺こそが本物のモンスターだ」と発言。また、カシメロをプロモートするショーン・ギボンズ氏は「WBOこそがリアルベルトだ」と再三にわたり井上を挑発してきた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中