2020年 9月 26日 (土)

井上尚弥の「刺客」、モロニーかグリアか 4・25統一戦の前座で「挑戦権」かけ対決

創業100年以上、大正製薬こだわりの品質。乳酸菌が入ったごぼう茶でいきいきとした毎日を。

   ボクシングのWBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(26)=大橋=に新たな「刺客」が浮上した。井上をプロモートするトップランクのカール・モレッティ氏が2020年2月6日、井上の統一戦後のプランを明かした。海外メディア「ESPN」が報じた。

   「ESPN」によると、統一戦後の井上の対戦候補となるのは、WBA世界バンタム級3位ジェイソン・モロニー(オーストラリア)とWBO世界バンタム級1位ジョシュア・グリア(米国)。両者は4月25日(日本時間26日)に行われる井上VSカシメロ戦のアンダーカードで対戦することが決まっている。

   モレッティ氏は「モロニー対グリアの勝者がメインイベントの勝者に挑戦する立場にある」と明言。モロニー、グリアいずれもトップランクがプロモートしており、井上との対戦に支障はなさそうで、カシメロを下して3団体の王座統一に成功すれば、その次はモロニー、グリアのいずれかと対戦する可能性がある。

  • 井上尚弥(2016年撮影)
    井上尚弥(2016年撮影)
  • 井上尚弥(2016年撮影)

モロニーは一昨年にロドリゲスに判定負け

   WBAの3位にランクするモロニーは20勝(17KO)1敗の戦績で、WBO1位のグリアは22勝(12KO)1敗1分。モロニーは井上が優勝したワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)に出場しており、2018年10月に行われたバンタム級1回戦でIBF世界バンタム級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)に挑戦して判定負けを喫している。

   一方のグリアは2015年12月の黒星を最後に負けておらず、現在19連勝中のファイターだ。2018年12月にWBC米大陸バンタム級王座を獲得し、19年7月にはNABOバンタム級王座を獲得。モロニーに勝利して「挑戦権」をつかめば、自身初の世界タイトル戦のチャンスとなる。

   3団体の王座統一戦を控える井上は2月6日、合宿先のグアムから帰国し順調な仕上がりぶりをアピール。一方のWBO王者カシメロは、決戦の地ラスベガスでの合宿を予定しており、こちらも調整にぬかりがない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中