2020年 10月 23日 (金)

なぜ2月に大盤振る舞いを? スマホ決済「だれでも還元」、各社が一気に動いた理由

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

間口の広さを打ち出す背景

   ひとつ考えられるのは、イメージチェンジだ。「d払い」も「au PAY」も、他社スマホのユーザーでも使用できるが、あまり知られていない現状がある。理由としては、サービス名に加えて、プロモーションの仕方もありそうだ。いずれのテレビCMも、これまで携帯の料金プランを紹介してきた、おなじみのキャラクターが登場し、それらと同じ世界観で描かれている。

   その点、PayPayは名前からソフトバンクやワイモバイル(Y!mobile)を連想しないし、テレビCMに白戸家の「お父さん犬」も出てこない。加えて、サービス開始当初の「100億円キャンペーン」のインパクトもあって、独立したイメージを持つユーザーは多いだろう。

   今回のキャンペーンでは、PayPayも「全てのスマホユーザーが最大40%還元」と、間口の広さを前面に出している。実はソフトバンク・ワイモバイルのスマホユーザー、もしくはYahoo!プレミアム会員であれば、これが「最大50%還元」になる。本来はインパクトの大きい方を出したいものだろうが、あえて「40%」を打ち出すことで、特定の携帯会社のイメージを薄められる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中