2020年 4月 7日 (火)

同級生は大谷翔平... 日ハム戦力外の25歳が今、「セカンドキャリア」に向き合う

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   今年の春、25歳の若者が人生の新たなスタートを切る。プロ野球の日ハムに2019年まで所属していた森山恵佑氏(25)だ。

   森山氏は昨年9月に球団から戦力外通告を受け、野球人生に幕を下ろした。幼いころから野球に親しみ、高校、大学とトップレベルで活躍し、夢のプロ野球選手となったものの、わずか3年でプロ生活に終止符を打った。25歳にして第二の人生を歩むことになった森山氏が今後、目指すものとは...。J-CASTニュース編集部は森山氏に話を聞いた。

  • 第二の人生に向けて意気込む森山恵佑氏(2020年2月撮影)
    第二の人生に向けて意気込む森山恵佑氏(2020年2月撮影)

星稜高時代には「ゴジラ2世」の愛称が

   小学5年生で本格的に野球を始めた森山氏は、富山県内の公立中学に進学し軟式野球部に所属した。当時は投手を務めており、左の本格派としてならした森山氏に、中学3年生の時に野球人生を大きく変える転機が訪れる。石川県の名門・星稜中と練習試合を行い、森山氏はノーヒットノーランを達成した。森山氏の中学生離れした投球を目の当たりにした星稜中の関係者が森山氏をスカウトし、森山氏は星稜高へと進学する。

   星稜高ではエースで4番。投手としてはMAX144キロをマークする剛腕として名をはせ、打者としてもスラッガーとして注目を浴び、高校の先輩・松井秀喜氏の愛称を継承し「ゴジラ2世」と呼ばれた。高校の3年間で甲子園出場はならなかったが、星稜高時代に人生においてかけがえのない出会いを果たす。のちに日ハムでチームメイトになる現MLBエンゼルスの大谷翔平(25)との出会いだ。

   高校2年の春、星稜高は岩手・花巻東高と練習試合を行った。森山氏は星稜高の4番。大谷は花巻東高のエースとしてマウンドに上がった。結果は大谷の前に森山氏が4打数4三振。「球が速くてバットにまったく当たりませんでした」と森山氏は振り返る。

   大谷は高校卒業後に日ハム入りし、森山氏は専大に進学する。専大の2年時に投手として限界を感じ、野手に転向したという。そして2016年のドラフト4位で日ハムに指名され念願のプロ野球選手となった。

   森山氏がプロ入りした時には、大谷にはすでに「雲の上の存在」だったという。話しかけるにも気が引けるような大スターで、森山氏にはとてもまぶしく見えた。機会を見つけて大谷に話しかけたところ、大谷は高校時代の森山氏との対戦を覚えていたという。「4年以上も前のことなのに、僕のことを覚えていてくれたことが本当にうれしかったです」と、森山氏は当時を振り返りながら目を細める。

「いざクビになると何も考えられない状態に...」

   高校、大学と野球のエリートコースを歩んできた森山氏は、プロに入って大きな壁にぶちあたる。「大学時代も150キロの球を見てきましたが、同じ球速でもプロは球質、キレが異なりました」。プロのレベルの高さを痛感し、不安の日々を過ごしたこともあったという。ルーキーイヤーの2017年は1軍で5試合に出場したものの、18年、19年はファーム暮らしが続き1軍での出場はなかった。

「正直なところ、自分がクビになるのではないか、という気持ちがなかったといえばウソになります。どこかでクビになるのでは、という気持ちがある反面、まだ現役でしたので、きちんとやらなければいけないという気持ちが入り交ざっていました」(森山氏)

   大卒入団の森山氏は、ファームで結果を残せず下の年代が増えていくにつれ不安も大きくなっていったという。戦力外通告を受けた時の率直な気持ちを森山氏は次のように語った。

「(戦力外通告を受けた時は)気持ちの整理がつきませんでした。クビになるのではという気持ちはありましたが、いざクビになると何も考えられない状態になりました。これからどうしたらいいんだろうと、頭が真っ白になりました」(森山氏)

「色々なお話を聞くことが今は大事だと」

   しばらくは茫然とした日々を過ごし、一度はこのまま引退へと心が傾いたが、「ここで諦めたらあとで後悔する」という思いが日増しに強くなったという。意を決して昨年11月に大阪シティ信用金庫スタジアムで行われた12球団合同トライアウトに参加。NPB復帰を目指すも結果を残せず、NPB球団から声がかかることはなかった。複数の独立リーグから誘いがあったが「プロ(NPB)で続けたい気持ちが強かった」と、引退の道を選択した。

   幼いころから野球一筋で来る日も来る日も白球を追い続けた森山氏。プロ野球選手という職業から離れ、一体自分に何が出来るのだろうか。何がしたいのだろうか。自身の将来に対して手探り状態にあるという森山氏は、社会人として新たなスタートを切るにあたり「学ぶ」ことを選択した。2020年4月に開校する一般社団法人「日本営業大学」に入学し、社会人としての第一歩を踏み出す。

   森山氏の大学時代の同級生は今春で社会人4年目を迎える。仕事にも慣れてきたという話を友人からよく聞くという。25歳の若さで再就職先を探さなければならなかった森山氏は、日ハム時代の同僚で2018年に戦力外通告を受けた森本龍弥氏(25)に相談し、森本氏から同校を紹介されたという。同校は元アスリートのセカンドキャリアをサポートする目的で設立され、社会人に必要とされるビジネススキルを学ぶ場である。

「まだ将来のビジョンが明確ではないので、色々な分野の講師の方のお話を聞いて(やりたいことを)探していければと思っています。すぐにどこかの会社に就職するのではなく、色々なお話を聞くことが今は大事だと思っています。聞くことも勉強ですね。色々な分野の仕事のことを聞いて勉強することが大事だと思っています」(森山氏)

プロ生活一番の思い出はSB千賀との対戦

   プロ生活3年間で一番の思い出は、1軍での初打席だという。2017年4月11日、札幌ドームで行われた対ソフトバンク戦。森山氏は7回に代打で出場し、ソフトバンクのエース千賀滉大投手(27)と対戦した。結果は空振り三振に終わったが、球界を代表するエースとの対戦が今でも心に強く残っているという。

   4月から新たなスタートを切る森山氏が、楽しみにしていることが2つある。ひとつは、かつてのチームメイト大谷の活躍。そしてもうひとつは、星稜高の後輩で森山氏と入れ替わるようにしてプロの世界に飛び込んだヤクルト・奥川恭伸投手(18)の存在だ。「いち野球ファンとして大谷選手の活躍を楽しみにしています。奥川君とは接点はないですが、高校の後輩でもありますしプロでも頑張ってほしいです」とエールを送った。

   NPBが2019年10月に若手プロ選手を対象にして行ったセカンドキャリアに関するアンケートでは、引退後に就きたい職業のトップが「起業・会社経営」(21.4%)、「社会人で現役続行」(16.3%)と続き、「一般企業の会社員」(13.5%)は5番目だった。また、NPBの調査によると、2018年に戦力外となった選手の進路は、野球関係が76.5%を占め、一般企業に就職したものは全体の11.8%にあたる16人だった。

(J-CASTニュース編集部 木村直樹)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中