2020年 2月 25日 (火)

日向坂・井口眞緒卒業で「スナック眞緒」懐かしむ声 ファンからは「開店希望」も

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   アイドルグループ日向坂46のメンバー、井口眞緒さん(24)がグループからの卒業を決めたと2020年2月12日に発表された。

   井口さんは芸能界を引退し、企業で働く意向を表明している。このニュースが広がると、ネットでは「スナック眞緒」というワードも広まった。この言葉の意味は一体――。

  • 井口眞緒さんのブログで卒業が伝えられた
    井口眞緒さんのブログで卒業が伝えられた

29歳で横浜に開店が夢

   「スナック眞緒」とは、日向坂46が「けやき坂46」(通称:ひらがなけやき)だった2018年4月から始まった冠番組「ひらがな推し」(テレビ東京)の中の1コーナー。番組内で、井口さんが将来の夢として、29歳(2024年)で横浜・みなとみらいにスナック「スナック眞緒」をオープンしたいと語ったことである。

   すると同年9月には定期企画として番組内で企画化され、本格的なスナック風のスタジオで和服を着た「ママ」の井口さんと「バイト」の宮田愛萌(まなも)さん、さらに「マスター」役のオードリー・春日俊彰さん、常連客「ワカちゃん」のオードリー・若林正恭さんという配役で、けやき坂メンバーの悩み相談に答えていた。スナックには井口さんが沿線で大学時代を過ごして思い入れの強い相鉄(相模鉄道)のマスコット「そうにゃん」のぬいぐるみや車両の写真も置かれ、横浜への愛着もうかがわせる。

   内容は、井口さんが扮するママが、訪れたメンバーの長所を褒めちぎった上で、悩みに答えてさまざまなアドバイスをトークの中で送るというもの。「見た目でクールとか冷たそうとか見られちゃう」と相談した小坂菜緒さんに「顔こんなに可愛いじゃない?」と褒めた上でトナカイの角を着せて関西弁でギャグのツッコミをさせたり、柿崎芽実さん(19年8月卒業)にはさらなる「ぶりっ子路線」の開拓を後押しするなど、メンバーと接している井口さんならではの長所を引き出す受け答えが視聴者にも好評だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中