2020年 12月 1日 (火)

小柳ルミ子、25年前から体形変わらず 「キープ」の秘訣は歌手魂?

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   歌手の小柳ルミ子さんが、25年前に作ったというドレスを着用し、ステージに立ったことを報告した。

  • 小柳ルミ子さんのブログより
    小柳ルミ子さんのブログより
  • 小柳ルミ子さんのブログより

「私のドレスは入れば良いと言う訳ではありません」

   2020年2月15日に千葉県のホテルでディナーショーを行っていた小柳さん。ブログを通じ、ディナーショーの準備の様子なども発信していたが、翌16日に投稿したブログエントリーの中で、この日着用したドレスについて、

「約 25年前に作ったドレスです」

と紹介しつつ、ドレス姿の自身の写真を披露。黒地に赤いラインストーンが散りばめられた妖艶なデザインのドレスになっていたが、小柳さんはこのドレスについて、

「黒のベルベットに真っ赤な炎の様なスワロフスキーのラインストーンと真っ赤な竹ビーズ」

と説明した。ドレスは股関節までスリットが入っており、ドレスからは黒の網タイツを履いた細い脚がすらりと見えるデザインとなっていたが、小柳さんは、

「25年程前のドレスだからこれも『入るかなぁ』と心配ではあったけどめでたく入りました」

と嬉しそうにつづりつつも、

「私のドレスは入れば良いと言う訳ではありません」
「歌う時に広げる【横隔膜】...深いブレスが出来るかどうかそれが大事なんです」

と歌手として並々ならぬこだわりがあることも告白。

「ドレスに体を合わせる...大変ですワ」と苦労を吐露しつつ、「でも だからこそボディをキープ出来てるのかも知れませんね」と歌手としてのプロ意識が自身の身体を作っていることを明かしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中