2020年 7月 13日 (月)

セブン「攻めの一手」は吉か凶か 米コンビニ買収交渉の行方

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   小売り大手のセブン&アイ・ホールディングス(HD)が米石油精製大手マラソン・ペトロリアム傘下のガソリンスタンド併設型コンビニチェーン「スピードウエー」買収について、独占交渉を進めていることが明らかになった。2020年2月20日午前、外国プレスが報じ、日本の新聞も20日夕刊から21日朝刊で一斉に追いかけた。セブン&アイは20日、「新たな成長戦略について提携や買収など様々な可能性を模索しているが、現時点で決定された事実はない。開示すべき事実が決定された場合には速やかに公表する」との声明を発表した。

   実現すれば買収総額は約220億ドル(約2兆4500億円)に上るとみられる。日本企業による近年の海外企業買収では、武田薬品工業によるシャイアーの買収(約6.9兆円)、ソフトバンクグループによる英半導体設計大手ARMホールディングスの買収(約3.3兆円)に次ぎ、3番目の買収額になる。

  • セブン&アイHDは2月20日、買収検討報道を受け「現時点で決定された事実はない」と発表した。
    セブン&アイHDは2月20日、買収検討報道を受け「現時点で決定された事実はない」と発表した。
  • セブン&アイHDは2月20日、買収検討報道を受け「現時点で決定された事実はない」と発表した。

国内小売り事業の先細り懸念

   セブン&アイは米国で、2005年11月に米セブン-イレブンを完全子会社化、18年1月には米石油大手「スノコ」からコンビニ事業の一部1030店を約31億ドル(約3452億円)で買収、その後の店舗統廃合を経て2019年末時点で約9000店を展開していて業界1位。スピードウエーはガソリンスタンド併設型のコンビニ事業を手がけ、店舗数は約4000店。今回の買収が実現すれば店舗網は計1万3000店に膨らみ、コンビニ業界のシェアは1割に迫る。

   海外事業の強化に乗り出した背景には、国内小売り事業の先細り懸念がある。コンビニは1970年代に登場してから成長し続け、現在、主要7社で国内5万5000店超、年間売上高は11兆円を超えるまでに発展した。だが、人口減少を背景に店舗数は2019年に減少に転じ、1店舗当たりの売上高は頭打ちになっている。

   セブン-イレブンは1年半の間に国内約1000店の閉店・移転を予定。人手の不足を受けて24時間営業の一部見直しなどビジネスモデルの見直しを強いられ、高収益のキープは容易ではない。コンビニ以外は、さらに深刻。グループの百貨店そごう・西武や総合スーパーのイトーヨーカ堂は2019年10月、店舗閉鎖や人員削減などを含む構造改革を発表する事態に追い込まれている。

   そんな中で、米国事業を「グループの成長ドライバー」(井阪隆一社長)と位置づけるセブン&アイの起死回生を狙った一手が今回の買収計画ということになる。セブン&アイの2019年3~11月期決算で、米国を中心とする海外コンビニ事業の営業利益は764億円と、国内コンビニの半分に満たないが、伸び率は前年同期比11.4%増と、グループの事業別でトップという数字の裏付けもある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中