2020年 7月 13日 (月)

アニメOP「パクリ」告発で製作委が謝罪 「確認作業に不備」19年放送の「厨病激発ボーイ」めぐり

印刷
毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   TOKYO MXテレビなどで放送されたアニメ番組「厨病激発ボーイ」(市川量也監督)の一部映像について、名古屋市内の映像クリエーターが自らの作品の「パクリ」ではないかとツイッターで指摘する騒ぎがあった。

   比較すると酷似する部分があり、KADOKAWAなどで作るアニメの製作委員会は、2020年3月4日、「確認作業に不備」があったと認めて、クリエーターに謝罪した。

  • 公式サイトで謝罪文を掲載
    公式サイトで謝罪文を掲載
  • 公式サイトで謝罪文を掲載

赤い円や青い丸などの動きがそっくり

   転校した高校生のヒロイン聖瑞姫は、「厨二病」を患ったヒーロー部の男子生徒らと出会って...。厨二病とは、中学2年生に代表される思春期の「イタい」言動を指すネットスラングだ。

   アニメは、こんなストーリーで始まる。TOKYO MX などで、2019年10~12月に計11話が放送された。酷似が指摘されたのは、主題歌が流れるオープニング映像の部分だ。

   ヒロインらを描いたアニメの背景に、赤い円や青い丸などのグラフィックイメージが形を変えて、次々に現れる。

   クリエーターの「いっしん」さんが19年4月9日にユーチューブで公開した10秒ほどの映像作品「Reversed year」と比べると、動きなどがそっくりなのに気づく。

   「いっしん」さんは20年1月14日、「映像を丸々パクられる(ほぼ転載)という事がありまして...」とツイッターに書き、翌15日にそれがアニメ「厨病激発ボーイ」だと明らかにした。

   ツイートでは、アニメの製作側に苦言を呈しており、アニメと自分の作品との比較映像もアップした。「いっしん」さんの訴えは、ネット上で大きな話題になり、次々にリツイートされていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中