2020年 8月 10日 (月)

古坂大魔王とピコ太郎、やっぱり「別人」だった...?

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   お笑い芸人や音楽プロデューサーを務める古坂大魔王さんが2020年3月5日、テレビ番組「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)に出演し、自身の楽曲「PPAP」が世界でブレイクした際のギャラについて語っている。

  • ピコ太郎さん。一瞬「設定」が揺らいだかと思われたが…?
    ピコ太郎さん。一瞬「設定」が揺らいだかと思われたが…?
  • ピコ太郎さん。一瞬「設定」が揺らいだかと思われたが…?

芸人人生の総ギャラをPPAPで超える

   「プロデュース」しているピコ太郎さんの楽曲「PPAP(Pen-Pineapple-Apple-Pen)」が世界中で大ブレイクした古坂大魔王さん。古坂さんは、動画が累計5億再生を達成したきっかけとしてフェイスブックでの拡散、及びミュージシャンのジャスティン・ビーバーさんが「お気に入りの動画」として紹介したことが大きいと振り返った。

   この驚異的な再生回数に対し、MCの松本人志さんは「金の話になっちゃう...」とポツリ。 古坂さんは芸人生活約25年目にPPAPをプロデュースしたところその収入が「25年稼いだ分を超えちゃいました」と激白した。

   また、この日の放送で古坂さんは別人設定であったはずの「ピコ太郎」と「古坂大魔王」を

   松本さんに「もういいんですか?」と突っ込まれたところ「もう逆に俺です」と話し、スタジオを盛り上げる一幕も見せている。

   放送後、ツイッターには「古坂大魔王のギャラやばい」「25年分かあ...」といった驚きの声が寄せられた他、「あれだけ別人だと言い張ってたのにw」と突っ込むファンも見受けられた。

   しかし、古坂さんは自身の公式ツイッターで「言ったじゃん!逆にってさ!だから、ピコと俺はガチガチの別人ってことさ!読解力たのむぜえ!」と釈明。こちらもファンからの大きな反響を呼んでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中