2020年 3月 31日 (火)

DMM、鳥獣対策の新会社設立 「レガシー産業」の「アップデート」目指す

印刷
不動産価格上昇中!不動産の価値は?一括無料査定でチェック!

   インターネットサービス事業の「DMM.com」(東京都港区)は、鳥獣被害対策を行う新会社「DMM Agri Innovation」(DMMアグリイノベーション・港区)を設立し、2020年3月から本格的に事業を開始すると10日に発表した。

   DMM Agri Innovationは2019年6月に設立されており、農業領域への参入は中古農機売買の「ファーマリー」(港区)に続いてDMMグループ2社目としている。

   DMMによると、野生鳥獣による農作物への被害金額は年間で約158億円(2018年度・農林水産省)にのぼり、「DMMが持つテクノロジー・ソリューション、人材、プロモーション、ブランディングノウハウ等を用いた事業展開を行っていくことで、農家の方々が抱えるお悩みの解決、および地域社会への貢献を目指して」いくという。

   全国各地の農協などへの電気柵販売を足掛かりに、鳥獣被害対策商品全般の開発や販売に取り組んでいくとしている。

   新会社代表取締役の村中悠介氏によると、DMMは、農業といった「レガシー産業」を「アップデート」することが、新しい価値の提供と社会課題の解決に繋がると考えているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中