2020年 11月 25日 (水)

阿部寛、「また続編主演」は「見た目が変わらんから」?

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   2005年7月期に放送されたドラマ「ドラゴン桜」(TBS系)の続編「ドラゴン桜2」(仮)が、今2020年夏の「日曜劇場」枠(同局系)で放送されることが、3月10日に発表された。

   同ドラマは漫画家の三田紀房さん作の同名漫画が原作。05年の放送では俳優の阿部寛さん(55)が演じる、主人公で弁護士の桜木建二が、進学実績が振るわない私立高校である龍山高校の経営面はもとより進学実績まで改善していく様子が描かれたが、続編では同校の10年後が描かれるという。

  • 阿部寛さん(2017年撮影)
    阿部寛さん(2017年撮影)
  • 阿部寛さん(2017年撮影)

「これはみるしかない」

   教師ではないにもかかわらず龍山高校の学力を大幅に向上させた桜木を演じた阿部さんに対しては、当時の視聴者から惜しみない拍手が贈られていたが、その阿部さんが前作の10年後を演じるとあって、やはり、視聴者からの期待はうなぎ上り。あるツイッターアカウントは「ドラゴン桜再び これはみるしかない」と、その放送を待ち望むなど、視聴者の期待は膨らむ一方だ。

   他にも、「今回も素晴らしいキャストを期待したいですね」とするツイートも出るなど視聴者の期待は膨らむばかりだが、その一方で、「結婚できない男続編やったと思ったら次はドラゴン桜続編してくれるなんて阿部寛最高かよ」と、ドラマ「まだ結婚できない男」(フジテレビ系)を絡めつつ、「ドラゴン桜2」の放送を待ち望む声も多い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中