2020年 8月 13日 (木)

石破氏も「五輪延期・中止」に言及 通常開催推進の流れに変化が

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   自民党の石破茂元幹事長が、今夏に開催を予定する2020年東京五輪に関して、延期、中止に備えた準備の必要性に言及した。2020年3月11日にロイター通信のインタビューで自身の見解を示した。石破氏は東京五輪の開催可否、延期については国際オリンピック委員会(IOC)に権限があるとした上で、五輪が延期、中止された場合に備えて今から準備する必要性があるとした。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

国内のスポーツイベントは一斉に自粛ムードに

   石破氏の発言を受けて、英国紙「ガーディアン」(WEB版)は「日本はオリンピックがキャンセルされる可能性に備えなければならない」と題した記事を掲載。新型コロナウイルスの感染拡大により、ギリシャのオリンピアでの採火式が無観客で行われるなど、各種五輪イベントの縮小、複数競技の五輪予選トーナメントなどが中止や延期となっている事実を指摘している。

   新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府は2月26日に今後2週間の大規模イベントの自粛を要請した。以降も事態は収まる気配が見られず、政府は3月10日に大規模イベントの自粛期間要請を10日程度延長した。プロ野球、サッカーなど国内のプロスポーツが延期の措置を取り、第92回選抜高校野球大会は史上初の中止を決定。プロアマ問わず、国内のスポーツイベントが自粛のムードに傾いている。

   政府が大規模イベントの自粛を要請するなか、世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長が11日、新型コロナウイルスの感染拡大について、世界的な大流行を意味する「パンデミックと呼べる状態だ」と述べた。東京都の小池百合子知事は、テドロス事務局長の発言を受け、東京五輪開催への影響について言及。「(開催の)流れに影響しないかと言えば、全くしないとは言えない」としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中