2020年 8月 13日 (木)

森法相「震災で検察官が逃げた」野党時代からの持論だった 一方「定年延長との関係性」には異論も

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   「震災で検察官が逃げた」と森雅子法相が国会で答弁して物議を醸しているが、野党時代に国会で追及していたほどの持論だったことが分かった。

   とはいえ、そのことを黒川弘務東京高検検事長の定年を延長する根拠としたことについては、「意味不明だ」との声が相次いでいる。

  • 持論を元に説明する森雅子法相(参院公式サイトの会議録情報から)
    持論を元に説明する森雅子法相(参院公式サイトの会議録情報から)
  • 持論を元に説明する森雅子法相(参院公式サイトの会議録情報から)

参院の予算委員長も、「質問に的確、適切に」と苦言

   森氏の発言が出たのは、2020年3月9日の参院予算委員会で、定年延長の理由について、政府が「社会情勢の変化」などと説明したことに対し、野党統一会派の小西洋之氏(無所属)がどんな変化なのかをただしたときだ。

   森氏は、国家公務員法に定年制度が設けられた1981年のときに比べての変化について、こう説明した。

「例えば、東日本大震災のとき、検察官は、福島県いわき市から、国民が市民が避難していない中で、最初に逃げたわけです。そのときに身柄拘束をしている十数人の方を理由なく釈放して逃げたわけです。そういう災害のときも、大変な混乱が生じると思います」

   さらに続けて、もう1つの変化だと言いたかったとみられている次のような説明を加えた。

「また、国際間を含めた交通事情は、飛躍的に進歩し、人や物の移動は容易になっているうえ、インターネットの普及に伴い、捜査についてもですね、様々な多様化、複雑化をしているということを申し上げておきたいと思います」

   ここで、金子原二郎予算委員長が「法務大臣、簡潔に」と注意して、審議がいったん中断した。しばらくして、金子委員長が「答弁者は、質疑者の質問に的確、適切にお答えいただきますようお願いします」と森氏に苦言を呈すると、議場から拍手が沸いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中