2020年 8月 13日 (木)

比嘉大吾「契約解除」を可能にした、ボクサー「ジム移籍」事情の変革

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   ボクシングの白井・具志堅スポーツジムは2020年3月13日、同ジムに所属していた元WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(24)と契約を更新しないことを発表した。 同ジムの公式サイトによると、3月11日をもって比嘉がジムを離れることになった。比嘉は今後、引退することなく現役を続ける意向で、日本ボクシングコミッション(JBC)に加盟する国内のいずれかのジムに移籍することになる。

  • 白井・具志堅スポーツジム公式サイトより
    白井・具志堅スポーツジム公式サイトより
  • 白井・具志堅スポーツジム公式サイトより

「モチベーションが上がらなければ辞めようと思っている」

   沖縄県出身の比嘉は地元の高校を卒業後、同郷の元世界王者である具志堅用高氏が経営するジムに入門。高校時代は全国大会での優勝経験はなかったが、プロデビュー後は軽量級離れした強打でKOの山を築き上げ、WBCユース王座、東洋太平洋王座を獲得。迎えた2017年5月の世界初挑戦では、6回TKO勝利を飾り王座を奪取。デビュー以来の連勝を「13」に伸ばすと同時に連続KOも「13」とした。

    その後は2連続TKO勝利で王座を防衛し、順調にキャリアを積んでいたが、2018年5月に行われた3度目の防衛戦で大失態を犯した。前日計量でリミットを900グラムオーバーして王座をはく奪された。日本人の世界王者が体重超過で王座をはく奪されたのは、比嘉が初めてだった。事態を重くみたJBCは、比嘉に対してプロライセンスの無期限停止処分を科し、復帰するにあたっては1階級以上の転級を義務付けた。

   2019年10月にようやく比嘉の処分が解除され、今年2月に後楽園ホールで復帰戦を行った。フィリピンの国内ランカーを相手に6回TKO勝利を飾ったものの、試合後、比嘉の口から飛び出したのは意外なものだった。「東京に出てきた当時の闘争心が今の自分にはない。このままモチベーションが上がらなければ(ボクシングを)辞めようと思っている」と発言し、具志堅会長を困惑させた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中