2020年 8月 15日 (土)

2021年、日本に帰ってくる ドイツ車オペルの「今度こそ」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「2021年、オペルが日本に帰ってきます!」。そんなメッセージがドイツの自動車メーカー・オペルのウェブサイトに登場した。近日中に「オペル日本語版ウェブサイト」を開設し、詳細を発表するという。

   オペルは2020年2月18日、日本市場に再参入すると発表したが、日本では一部の自動車関連のニュースサイトを除き、大きくは報じられなかった。しかし、オペルが前回、日本市場から撤退したのは06年で、15年ぶりに日本に正規輸入ディーラーが復活するのは、日本のユーザーにとっては朗報だ。

  • オペルが日本市場に投入すると発表したコルサ(ドイツ仕様)=オペル提供
    オペルが日本市場に投入すると発表したコルサ(ドイツ仕様)=オペル提供
  • 今年発売50周年となるオペルの往年の名車「アスコナ」(左)と「マンタ」=オペル提供
    今年発売50周年となるオペルの往年の名車「アスコナ」(左)と「マンタ」=オペル提供
  • オペルが日本市場に投入すると発表したコルサ(ドイツ仕様)=オペル提供
  • 今年発売50周年となるオペルの往年の名車「アスコナ」(左)と「マンタ」=オペル提供

3モデルを日本で発売

   オペルが今回、日本で発売するのは3モデルで、ハッチバックの「コルサ」と背高ワゴンの「コンボライフ」、SUV(多目的スポーツ車)の「グランドランドX」という。

   オペルが日本市場に再参入することは、日本では2019年12月10日、日刊自動車新聞(電子版)が報じた。同紙によると、オペルは再導入に伴う販売店募集の説明会を19年11月、PSAの日本法人(プジョー・シトロエン・ジャポン)が東京、名古屋、大阪で開いたという。販売ネットワークの立ち上げは、既存のプジョー・シトロエン販売店が中心となるようだ。

   オペルは1862年、ドイツでアダム・オペルによって創業し、1899年から本格的に自動車生産を始めた老舗メーカーだ。戦前から米ゼネラル・モーターズ(GM)の子会社となり、長くGMの欧州部門を担った。英国では「ヴォクソール」のブランドで知られる。

   オペルは欧州市場でライバルの独フォルクスワーゲンや仏ルノー、伊フィアットなどとの競争で守勢に回り、GMは2017年、オペルをフランス大手グループPSA(旧プジョー・シトロエン・グループ)に売却した経緯がある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中