2020年 9月 26日 (土)

吉行淳之介さん、福祉のどちらにも「一途」 宮城まり子さん「一番愛しているのは...」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2020年3月21日に亡くなった宮城まり子さんは、公私ともに「一途の人」だった。

   社会福祉の事業家としては、「ねむの木学園」づくりに邁進し、恋の相手としてはただ一人、作家の吉行淳之介さんに惚れ尽くした。

  • 1950年代半ばの宮城さん、吉行さん
    1950年代半ばの宮城さん、吉行さん
  • 1950年代半ばの宮城さん、吉行さん

生まれて初めて恋をした相手に「奥さんがいる」

   宮城さんが、「第三の新人」として注目されていた吉行淳之介さんと知り合ったのは50年代末。女性誌が企画した鼎談がきっかけだった。中原中也、梶井基次郎らを好む文学少女だった宮城さんは、すでに吉行さんの『驟雨』『原色の街』などを読んでいた。知り合って、好きになってから、「奥さんがいる」ことを知った。

   宮城さんの演技面の指南役だった演出家の菊田一夫さんによれば、「まり子は昔のいじらしい女学生のような女の子」だったという。

   「三十いくつにもなって、生まれて初めて恋をして、その相手が奥さんがいる男性で、そのために身もよじれるほどの切ない思いを味わっているとは、何という馬鹿なことをやる奴だ、と私は思ったが、それを叱る資格は私にもない」(菊田一夫著『芝居づくり四十年』)

   宮城さんはいったん別れを決意し、ミュージカルの勉強のため欧米に向かう。パリにいたとき、父から国際電話があった。弟の作曲家、八郎さんが日本で交通事故死したというのだ。「二人でミュージカルを」と誓い、売れない時代から長年苦労を共にしてきた。編曲家として宮城さんの「ヒット曲」を支え、宮城さんにミュージカルの本場への留学を強くすすめてくれた八郎さん。まだ29歳だった。毎日、泣きはらしているときに吉行さんから手紙が届いた。「帰っておいで」。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中