2020年 10月 22日 (木)

ウラジミール・クリチコ氏、所有ホテルを医療チームに開放 ボクシング元ヘビー級統一王者

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   ボクシングの元ヘビー級3団体統一王者ウラジミール・クリチコ氏(43)が、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、自身が所有するウクライナ・キエフ市のホテルを地元医療チームに開放することを表明した。ボクシングの主要団体WBOが公式サイトで伝えた。クリチコ氏の兄で元ヘビー級王者ビタリ・クリチコ氏(48)は、現在キエフ市長を務めている。

  • WBO公式サイトから
    WBO公式サイトから
  • WBO公式サイトから

「私たちの扉と心は、日常的にウイルスと闘っている人々に開かれます」

   ウクライナは欧州の中では新型コロナウイルスの感染者が比較的少なく、ウクライナの保健省市民健康センターのデータによると、3月22日23時の時点で国内の感染者は73件で、そのうち死亡者は3人だという。

   ウラジミール・クリチコ氏は「医療専門家、真のヒーローに還元するために出来る限りのことをする必要があると感じている。これらの人々は最前線におり、自分たちの生活と健康よりも私たちのものを優先していることを決して忘れません。私たちの扉と心は、日常的にウイルスと闘っている人々に開かれます」と声明を発表した。

   また、兄のビタリ・クリチコ氏は、キエフ市長として陣頭指揮を執り新型コロナウイルスの感染防止に努めている。キエフ市の公式サイトによると、3月23日からキエフ市内の公共交通機関の使用は、医療従事者、救助者、法執行機関、公益事業の専門家、食料品店や薬局で働く人々に限定されるという。

一時は兄弟で主要4団体のベルトを独占

   ビタリ・クリチコ氏はキエフ市の公式サイト上で「ウイルスの脅威が怖いおとぎ話だと思うなら、イタリアのビデオ映像を見てください。キエフはしばらくの間、通常のリズムでははありませんが、街のすべての住民の安全と健康のためにあります。気をつけて」と市民に呼び掛けている。

   クリチコ兄弟は、ともにアマチュア時代から世界のトップ選手として知られ、ウラジミールは1996年アトランタ五輪で金メダルを獲得。プロでは一時期、兄弟で主要4団体のWBA、WBC、IBF、WBOのベルトを独占していた。また、クリチコ兄弟は文武両道でも知られ、ともに体育学で博士号を取得しており、ボクシングファンからは「ドクター」と称されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中