2020年 11月 26日 (木)

あゆドラマは「90・00年代」リバイバルの嵐に!? 直撃世代に刺さるオマージュ満載の予感

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   歌手の浜崎あゆみさん(41)の自伝的小説『M 愛すべき人がいて』(幻冬舎・小松成美著)を実写化する同名ドラマについての概要が2020年3月30日に発表され、視聴者の間で話題になっている。

   同ドラマはテレビ朝日系で4月18日から毎週土曜日に放送。1998年4月8日にデビューし、「平成の歌姫」として大活躍することになる浜崎さんの「立身出世物語」を描く同ドラマには、浜崎さん役(作中ではアユ)を歌手の安斉かれんさん(20)が主演。

   また、浜崎さんを発掘したエイベックスの松浦勝人会長(作中当時は専務)役に俳優の三浦翔平さん(31)が起用されるなど注目を集めているが、今回発表されたドラマの概要では、それとは別の要素に対しても視聴者が関心を寄せているのだ。

  • ドラマのキービジュアルが、すでにオマージュ!?(写真は浜崎あゆみさんのベストアルバム「A BEST」のジャケット)
    ドラマのキービジュアルが、すでにオマージュ!?(写真は浜崎あゆみさんのベストアルバム「A BEST」のジャケット)
  • ドラマのキービジュアルが、すでにオマージュ!?(写真は浜崎あゆみさんのベストアルバム「A BEST」のジャケット)

「EZ DO DANCE」に「BOY MEETS GIRLS」とは!

   ドラマは浜崎さんがデビューする前の90年代前半から物語が始まるとされているが、今回明らかになった概要を見てみると、同ドラマには、当時の流行を再現すべく、作中で「EZ DO DANCE」「BOY MEETS GIRLS」をカバーする「USG」という5人組ユニットが登場するという。

   また、これとは別に3人組ユニット「OTF」なるユニットも登場するというが、今回発表されたドラマの新ビジュアルを見ると、当時主流だった8センチシングル風に「出逢った頃のように」との文字があることが分かる。 さらに「冴木真希」なる女性歌手も登場するが、こちらのビジュアルには「恋心」――。

   今回報じられたドラマの概要では、これらの要素は「実在のアーティストのオマージュ」などと記されているだけだが、前述の状況から判断すると、「USG」は「trf」の、「OTF」は「Every Little Thing」(ELT)、「冴木真希」は「相川七瀬」と、この時期に活躍したアーティストらオマージュであることは明らかだろう(言うまでもないが、これらのアーティストはいずれもエイベックス所属である)。

   実際、これらのビジュアルは当時のジャケットに、かなり近いデザインに仕上げられている。 このため、これらの情報を目にした視聴者からは、ツイッター上を中心に「4月ドラマ楽しみすぎる 浜崎あゆみ=青春真っ只中だった私は、楽しみでしかない」といった声が続々と上がる事態となっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中