2020年 11月 26日 (木)

プロ野球は開幕できるのか? 関係者「最悪のパターンを想定する必要も...」

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   プロ野球の開幕が先行き不透明な状態となっている。

   日本野球機構(NPB)は2020年4月3日、臨時の12球団代表会議を開催し、当初目指していた24日の公式戦開幕を断念することを決定。新型コロナウイルスの感染拡大が収束する気配が見られないことから、公式戦開幕のメドが立たず、今後の日程に関しては白紙となっている。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

NPB「残念ながら事態は楽観できる状況にはありません」

   プロ野球の開幕を巡って、この1か月間で状況が目まぐるしく変化している。3月9日に、当初予定していた3月20日の公式戦開幕の延期を決定。3日後の12日に公式戦開幕を4月10日以降に設定することを確認した。しかしウイルスの感染状況は一向に好転せず、3月23日には、4月24日に公式戦開幕を目指すことを決め、4月3日についに4月24日の開幕を断念した。

   NPBの斉藤惇コミッショナーは4月3日の会議後のWEB会見で、4月下旬から5月上旬までに公式戦開幕日を決定したいとの意向を示したが、ここから状況はさらに変化している。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、安倍晋三首相が4月7日に緊急事態宣言を発令。期間は5月6日までの1か月間で、プロ野球の公式戦開幕に大きな影響を与えるとみられる。

   NPBは4月7日に公式サイトで「日本野球機構からプロ野球にかかわる皆さまへ」と題した声明を発表した。斉藤惇コミッショナーは声明文の中で現状を「残念ながら事態は楽観できる状況にはありません」とし、疫学の専門家からの厳しい予見を受けた上で公式戦の開幕を再延長することになったと説明している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中