2020年 11月 28日 (土)

【HKT48・1万7000字インタビュー(1)】「3−2」は「シリアスに表現力で戦う」グループの新境地に

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   福岡市を拠点に活動するHKT48が、新曲「3−2(さんひくに)」を2020年4月22日に発売する。新曲発売は約1年ぶりで、指原莉乃さん(27)が卒業してからHKT48が新曲を出すのは初めて。

   4月には新会社による運営も始まり、20年には専用劇場の復活が控える。今後のグループ活動の試金石ともいえる楽曲だ。センターポジションに起用された「なっぴ」こと運上弘菜(うんじょう・ひろな)さん(21)をはじめ、田島芽瑠さん(20)、田中美久さん(18)、松岡はなさん(20)、村重杏奈さん(21)、渡部愛加里さん(15)の計6人に約1時間にわたって話を聞いた。インタビューは全4回にわたって掲載。初回では新曲の魅力や、悪天候でのミュージックビデオ(MV)撮影、これまでになく難しかった振り付けの苦労について語ってもらった。(聞き手・構成:J-CASTニュース編集部 工藤博司)

  • 新曲「3-2(さんひくに)」(2020年4月22日発売)の発売を前にインタビューに応じたHKT48のメンバー。左から村重杏奈さん、松岡はなさん、運上弘菜さん、田中美久さん、田島芽瑠さん、渡部愛加里さん (c)Mercury
    新曲「3-2(さんひくに)」(2020年4月22日発売)の発売を前にインタビューに応じたHKT48のメンバー。左から村重杏奈さん、松岡はなさん、運上弘菜さん、田中美久さん、田島芽瑠さん、渡部愛加里さん (c)Mercury
  • 新曲「3-2(さんひくに)」(2020年4月22日発売)の発売を前にインタビューに応じたHKT48のメンバー。左から村重杏奈さん、松岡はなさん、運上弘菜さん、田中美久さん、田島芽瑠さん、渡部愛加里さん (c)Mercury

HKT48には中々なかった、ストレートな切ないラブソング

―― 1年ぶりの新曲のタイトルは「3−2(さんひくに)」。自分、親友、親友の彼女の「3人」をめぐる心情を描いた楽曲です。曲にはスピード感、歌詞には緊迫感を感じます。特に「そして友情は崩壊して終わりだ」など、絶望感も漂います。皆さんにとってどんな印象の楽曲ですか。

運上: 歌詞が想像以上にストレートで、新鮮でした。ドキッとしました。メロディーがアップテンポになっていて、勢いがあって、力強い曲だと思いました。
松岡: 最初題名を聞いたときは、ウソなんじゃないかと思うくらいびっくりしました。今回は久しぶりだったので、明るい楽曲が来るんじゃないかと思っていましたが、かっこよくて、あまりイメージしていなかったので、ワクワクしたというか...。新鮮だなと思ったので、早くファンの皆さんに披露できたらいいと思います。
村重杏奈さんによると、今回の振り付けは「しなやかさ系」「女性らしさ系」だという (c)Mercury
村重杏奈さんによると、今回の振り付けは「しなやかさ系」「女性らしさ系」だという (c)Mercury
田島: HKT48にはなかなかなかった、ストレートな切ないラブソングです。感情移入しやすく、主人公に寄り添えるような曲になっています。私はこんな経験をしたことはありませんが、リップシーン(編注:出演者の顔がアップで映り、曲に合わせて唇を動かす(=リップシンクロさせる)シーン)は感情を込めてやるように監督さんから言われたので、みんな感情を込めて歌いました。レコーディングも力強く、自分の奥底から歌うような感じでした。HKT48にあまりない曲だと思って聴いていただきたいです。

―― これまでの楽曲よりも感情を込めるような場面が多かったわけですね。

田島: 今まではハッピーで明るくて、笑顔でみんなで歌うような感じでしたが、今回はちょっとシリアスといいますか、表現力で戦うというような感じでした。新しいHKT48をお見せできるのではないかと思います。
村重: HKT48は、今までは明るいコンサート向けの曲が多かったイメージですが、今回は、大人っぽい、とにかく表現力が大事な曲になっています。この曲をどうコンサートで披露するのかが楽しみです。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中