2020年 7月 3日 (金)

「使徒」、育成 たまごっちとエヴァコラボ...ともに90年代半ばにブーム

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   バンダイは、携帯型育成玩具「たまごっち」シリーズから「汎用卵型決戦兵器 エヴァっち」を2020年6月13日に発売する。

   人気アニメシリーズ「エヴァンゲリオン」とのコラボ商品。

  • 「エヴァっち」(画像はたまごっち公式サイトから)
    「エヴァっち」(画像はたまごっち公式サイトから)
  • 「エヴァっち」(画像はたまごっち公式サイトから)

エヴァンゲリオンの世界観を表現

   4月15日の発表によると、主なターゲットは20~30代。1990年代にそれぞれ社会現象を巻き起こした「たまごっち」(96年発売)と「新世紀エヴァンゲリオン」(95年放送)のコラボを通して、初期のたまごっちで遊んだことのある世代に魅力を再発見してもらうために開発したという。

   直径は約4センチで、エヴァンゲリオンに登場する敵キャラクター「使徒」20種類以上を育成できる。使徒が空腹の時には「S2機関」(動力源)を与えることができ、育成を怠ると使徒が心を閉ざして「A.T.フィールド」(バリア)を展開してしまうなど、エヴァンゲリオンの世界観を表現した内容となる。

   「アスカモデル」などカラーは3種類あり、希望小売価格は2530円(税込)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中