2020年 11月 26日 (木)

テレ朝&KDDI「TELASA」はParaviに勝てるか? 競合との違い・強みをチェック

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   外出自粛が続くなか、新たな動画配信サービスが始まった。テレビ朝日とKDDIによる「TELASA(テラサ)」だ。

   テレビ局主導の有料配信サービスでは、TBSとテレビ東京、WOWOWによる「Paravi(パラビ)」などが先行している。各社との違いはどこにあるのか。

  • テレビ朝日の社屋
    テレビ朝日の社屋
  • テレビ朝日の社屋

「相棒」「ドクターX」全シーズンが見られる

   TELASAは、auユーザー向けの「ビデオパス」を前身とし、2020年4月7日から「みたい!をもっと自由に!」をコンセプトに再スタートを切った。562円(税抜、以下月額)で、テレ朝のドラマやバラエティー、アニメ・特撮、スポーツ番組などに加え、映画(洋邦あわせて1000タイトル以上)や海外ドラマも配信するという。

   なかでも目に付くのが、ドラマコンテンツだ。刑事ドラマ「相棒」はプレシーズンと呼ばれる単発番組時代から、20年3月に終了したSeason18まで、約20年にわたる全シリーズが配信されている。また、「ドクターX」や「トリック」、「おっさんずラブ」などは、ディレクターズカット版、関連スピンオフ作品もあわせてラインアップしている。

   アニメ・特撮では「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」を常時70エピソード用意するほか、放送中の「仮面ライダーゼロワン」「魔進戦隊キラメイジャー」の見逃し配信も行われる。また、黒柳徹子さんの「徹子の部屋」が、番組開始45年目にして「初配信」されるのも特徴だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中