2020年 11月 26日 (木)

ライブドア、「検索」サービス終了へ 経営統合の影響?

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   LINEが運営するポータルサイト「livedoor(ライブドア)」の検索サービスが、2020年5月18日で終了することがわかった。

   同社は終了の理由を「よりユーザー支持の高いニュースサービスやブログサービスに資源を集中していくため」と説明している。

  • ライブドアのトップページ(一部加工)
    ライブドアのトップページ(一部加工)
  • 開設当初のライブドア
    開設当初のライブドア
  • ライブドアのトップページ(一部加工)
  • 開設当初のライブドア

LINE広報「資源を集中していくため」

   livedoorはインターネット勃興期の2003年に開設し、検索や掲示板、ホームページ作成、ブログ、ニュースなど幅広いサービスで利用者を獲得。媒体資料によれば、20年1月の訪問者数は6000万人だった。

   検索サービスをめぐっては、日本ではグーグルとヤフーが2強といえる。そのヤフーを傘下に持つZホールディングスとLINEは年内の経営統合を予定しており、重複するサービスの行方が注目されていた。

   LINE広報は4月22日、J-CASTニュースの取材に、検索サービス終了の理由を「livedoorでは、これまでPCのみ検索サービスを展開しておりましたが、ユーザーの利用動向を踏まえ、よりユーザー支持の高いニュースサービスやブログサービスに資源を集中していくため、検索サービスの終了を判断いたしました」と説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中