2020年 11月 25日 (水)

元楽天ヘッドコーチが注目する新人投手 即戦力で先発ローテに入るのは...

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   今年も多くの新人がプロ野球の世界に入った。MAX163キロ右腕・佐々木朗希投手(ロッテ)、強肩、強打の石川昂弥内野手(中日)、甲子園準Vの奥川恭伸投手(ヤクルト)ら将来性豊かな新人が顔を揃える。

   この中から何人の選手が今シーズン、即戦力として1軍で活躍することができるのか。J-CASTニュース編集部は楽天の元ヘッドコーチで、巨人、西武、ヤクルトでコーチを務めた橋上秀樹氏(54)に話を聞いた。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「どれだけの伸びしろがあるか楽しみ」

   2020年の今シーズンの注目新人は、なんといってもロッテの佐々木投手だろう。身長190センチから繰り出される直球はMAX163キロを記録し、大船渡高(岩手)時代から注目を集めていた。昨秋のドラフトでは日ハム、ロッテ、楽天、西武の4球団が1位で指名し、交渉権を獲得したロッテに入団が決まった。

   橋上氏は佐々木投手について「ダイヤの原石」と表現した。

「佐々木選手の高校は野球の強豪校ではないので、どれほどの練習量、質の高さがあったのかは分かりませんが、ポテンシャルでいえば断トツでしょう。プロに入って鍛えていくことで大きく成長すると思います。どれだけの伸びしろがあるか楽しみでもあります」(橋上氏)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中