2020年 12月 3日 (木)

岡村隆史「ゴチバトル」試金石の一夜が... 逆風のオンライン開催

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   ナインティナインの岡村隆史さん(49)が出演する「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)の2時間スペシャルが、2020年4月30日19時から放送される。

   同放送回では新型コロナウイルスの流行を鑑み、通常では高級料理店で収録される「グルメチキンレース ゴチになります!」が、初のオンライン開催となるということで視聴者からの注目度は高かったが、23日深夜放送のラジオ番組「オールナイトニッポン」での岡村さんの「問題発言」により、その空気は一変した。

  • やまない批判の中、「ぐるナイ」は今後どうなる!?
    やまない批判の中、「ぐるナイ」は今後どうなる!?
  • やまない批判の中、「ぐるナイ」は今後どうなる!?

今夜のオールナイトニッポンで騒動言及へ

   岡村さんはラジオの放送で、新型コロナウイルスの流行によって経済的に困窮した女性が性風俗店で働くようになるという趣旨の発言を行ったため、放送後から、「こんなことを堂々と話せる感覚が信じられない」といった岡村さんに対する批判が殺到。

   他にも、番組の降板を要求する声、さらには「麒麟がくる」「チコちゃんに叱られる」といったNHKでの出演番組についても降板すべきとの声が上がるなどしており、批判の声はやむ気配を見せていない。

   そんな中での放送となってしまった「ぐるナイ」の2時間スペシャル。性格の違いもあって同番組も降板すべきとの声は今のところ絶無に近いが、それでも初のオンラインでの「ゴチバトル」が放送されるという一大チャンスにも関わらず、視聴者の間には逆風が吹いている。「アサジョ」のようなネットメディアでは、過去の「ぐるナイ」での言動を蒸し返すところもあるほどだ。

   ただ、ツイッター上には岡村さんのファンから上がっている「ぐるナイ」を見るとする声も多い。また、別のアカウントは、「今日のゴチずっと楽しみにしてたけど心配になっちゃったな...さらに事が大きくなるような場面がないことを願うばかり」とするなど、岡村さんを心配する声も。

   オンライン開催という新たな放送形態の試金石となる今回の放送が岡村さんへの批判がやまない中で行われることになったのは何とも間が悪いとしか言いようがないが、新型コロナウイルスの流行が終わらない場合は今後もこの収録形態が必要となる。視聴者がどう反応するかは、今後の番組作りの方向性にもかかわるポイントだ。

   奇しくも30日は、深夜にオールナイトニッポンが控え、岡村さんが今回の問題についてなんらかの説明を行うことが明かされている。岡村さんにとっては二重の意味で、世論の反応が気になる一晩となる。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中