2020年 10月 24日 (土)

日本で成功した「外国人助っ人」の共通点は? 元楽天ヘッドコーチが指摘する「要因」

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

   プロ野球では毎年多くの外国人選手が来日する。現役メジャー選手やマイナー選手、韓国球界などから富と名声を求めて日本球界に飛び込んでくる。日本でブレイクした選手もいれば、結果を残せず日本を後にした選手も。来日した外国人選手の明暗を分けるものは何か。J-CASTニュース編集部は、元楽天のヘッドコーチで、巨人、西武、ヤクルトでコーチを務めた橋上秀樹氏(54)に話を聞いた。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「私が見てきた外国人選手の中でも一番頭の良い選手」

   橋上氏は1983年のドラフトでヤクルトから3位指名を受けて入団。ヤクルト時代は故野村克也氏の指導を受け、現役引退後は野村氏が率いる楽天でヘッドコーチに就任した。その後は、巨人で戦略コーチ、西武、ヤクルトでコーチを務めるなど長きにわたって日本球界に携わってきた。中でも楽天時代はヘッドコーチとして野村氏を支え、野球戦術における評価は高い。

   選手、指導者として数々の外国人選手と接してきた橋上氏が、最も高く評価するのが、ヤクルト時代にチームメイトだったトーマス・オマリー(米国)だ。橋上氏は「私が見てきた外国人選手の中でも一番頭の良い選手でした」と振り返る。

   橋上氏によると、オマリーの優れていた点は「配球を読む力」だったという。現役時代のある試合でのことだ。打席には古田敦也氏が入っていた。カウントは2ボール2ストライク。相手投手の決め球はフォークとチェンジアップだ。オマリーは橋上氏に「次はストレートだ」とつぶやいた。橋上氏がなぜかと問うと、「ここでウイニングショットは使わない。勝負はツースリーからだ」と言い切ったという。

   オマリーの言葉通り、その投手が投じたストレートはコースを外れてカウントは3ボール2ストライクに。そして決め球にフォークを投じて古田氏を打ち取ったという。オマリーは「あのピッチャーは同じ球種を2球続けて投げたくないはず。だからストレートで一度外してからウイニングショットで決めてくると思った」と説明した。橋上氏は、オマリーの配球の読みの鋭さは、野村氏にも匹敵するほどだったと感心する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中