2020年 7月 7日 (火)

コロナ禍で中止の「EVO 2020」 世界最大のeスポーツイベントの影響力、そしてその歩みとは

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2020年7月31日から8月2日にかけてアメリカ・ラスベガスで開催予定となっていた世界最大のeスポーツイベント「EVO 2020」が、新型コロナウイルスの影響により中止となった。

   ただし代替大会としてオンラインイベントの開催が予告されており、追って詳細が発表される予定だ。

  • 公式ツイッターに掲載された発表文
    公式ツイッターに掲載された発表文
  • 公式ツイッターに掲載された発表文

1995年から開催されている「EVO」

   「EVO」は1995年からアメリカで開催されている格闘ゲームの大会で、当初は参加者50人ほどの小規模なイベントだったが、昨年開催された「EVO 2019」では9個ある大会公式タイトルの参加者数は合計で1万4321人と発表されており、世界最大級のイベントとなっている。

   また、「EVO」では有志が持ち込んだ名作格闘ゲームの小規模大会「サイドトーナメント」が無数に開催されているため、そちらの参加者数を加えればさらに人数は膨れ上がる。

   今年の大会で予定されていたメインタイトルは、「ストリートファイターV チャンピオンエディション」、「鉄拳7」、「大乱闘 スマッシュブラザーズ SPECIAL」、「ドラゴンボール ファイターズ」、「ソウルキャリバーVI」、「SAMURAI SPIRITS」、「UNDER NIGHT IN-BIRTH Exe:Late[cl-r]」に加え、今年発売された新作タイトルとして「グランブルーファンタジー ヴァーサス」が追加されていた。

   さらには2000年に発売された「MARVEL VS. CAPCOM 2: New Age of Heroes」もトーナメントが開催されると発表されており、往年のファンを驚かせていた。

伝説の「背水の逆転劇」もこの大会で生まれた

   「EVO」では過去に様々なドラマが展開されている。格闘ゲームファンの中で特に有名なのが、2004年に開催された「EVO 2004」でウメハラ選手(日本)がジャスティン・ウォン選手(米)相手に見せた「背水の逆転劇」だ。この試合でウメハラ選手は完全アウェイの空気の中、体力残り1ドットの状態から高難度のディフェンス技「ブロッキング」を16回連続で成功させ、会場の空気を一変するほどの劇的な逆転勝利をおさめた。この試合は今もなお格闘ゲームシーンの象徴として語り草になっている。

   会場の熱狂を直接肌で感じることができないのは大変に残念だが、コロナの影響下において大会を開催できるのは、eスポーツの大きな強みだ。とはいえ会場のキャンセル料などは莫大な金額になる可能性があるため、予断を許さない状況が続くことは間違いない。引き続き、状況を注視し続ける必要があるだろう。

(eスポーツライター 早川清一朗)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中