2020年 6月 5日 (金)

クレイジーソルトの名前、実は「Crazy」じゃなくて... 販売会社に真相を聞いてみた

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   日本緑茶センター(東京都渋谷区)は2020年5月14日、輸入商品「クレイジーソルト」を発売して今年で40周年と発表し、クレイジーソルトにまつわるトリビアなどを公開した。

  • 日本緑茶センター公式サイトより
    日本緑茶センター公式サイトより
  • 日本緑茶センター公式サイトより

実は「Krazy」。でも由来は...

   クレイジーソルトは、岩塩と6種類のハーブをブレンドした調味料。1960年にアメリカのジェーン・セマンズさん(当時60歳)が家庭で生みだした。ジェーンさんの家族や友人に好評だったクレイジーソルトは商品化され、日本では1980年に日本緑茶センターから発売された。これを記念して、日本発売40周年を記念したラベルを貼った商品を、5月製造出荷分から限定発売する。

   日本緑茶センターは、40周年記念限定ラベル商品の発表とともに、商品にまつわるトリビアを披露。赤と緑のパッケージデザインは、ジェーンさんがこの調味料をクリスマスにプレゼントしたエピソードに基づくとしている。

   また、クレイジーソルトの名前の由来については発表内で、「夢中になっている」「熱狂している」「惚れている」などの意味もある「Crazy」を用いることで、「ジェーンおばさんの作ったシーズニングを初めて食べた人が『これおいしい!もっと食べたい!』と夢中になった気持ちを表しているのかもしれません」と述べる。

   しかし、クレイジーソルトの英語名は「Krazy Mixed-up salt」。「C」ではなく「K」が用いられている。これについて一部では、「キッチンの『K』」だという説が。5月15日、J-CASTニュースが日本緑茶センター広報担当者に取材したところ、「名前の由来については、実ははっきりとした情報がありません」とのことだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中