2020年 7月 9日 (木)

いろんな手続きをスマホで... 便利そうな「AIRPOST」構想、でも「+メッセージ」がネック?

印刷
毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

利用者数は約1500万人

   携帯3社が18年5月に開始した「+メッセージ」は、携帯電話の業界団体「GSMA」による国際規格「RCS(リッチ・コミュニケーション・サービス)」に準拠し、携帯電話番号だけでメッセージがやりとりできるのが特徴だ。19年5月からは、企業とやりとりできる「公式アカウント」も始まったが、SMS(ショート・メッセージ・サービス)との差別化が図れていないのか、利用者数は20年2月時点で約1500万人にとどまる。

   電気通信事業者協会の事業者別契約数(2019年度)によると、ドコモが約8032万件、auが約5864万件、ソフトバンク・ワイモバイルが約4318万件で、3キャリアあわせて約1億8215万件。+メッセージ利用者は、その10%にも満たない。

   サービス利用には携帯3社への加入が必要で、いわゆる「格安SIM」のユーザーでは利用できない点も、導入障壁を高くしている。月間アクティブユーザー8300万人以上のLINE(19年12月末時点)とは、まだまだ大きな差がある。

   ここでポイントとなるのは、AIRPOSTのために、+メッセージを使い始める人が、どの程度出てくるかだ。いかに革新的であっても、ユーザーがいなければ宝の持ち腐れになってしまう。両者はこれから、ある種の運命共同体になりそうだ。

(J-CASTニュース編集部 城戸譲)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中