2020年 9月 29日 (火)

宇都宮健児氏に「距離」取る野党 一方の当人は「今回はどういう候補が出ても降りない」

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   東京都知事選(2020年6月18日告示、7月5日投開票)では、現職の小池百合子氏(67)の再選出馬が確実視されるなか、野党統一候補の擁立のあり方も焦点だ。

   すでに出馬を表明している、元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏(73)は16年の都知事選で、旧民進党が野党統一候補として擁立を進めた鳥越俊太郎氏(80)に譲る形で、告示の1日前に立候補を断念した経緯がある。宇都宮氏は20年5月27日に東京都庁で開いた記者会見で「今回は、どういう候補が出てきても、降りるつもりはない」と断言した。だが、立憲民主党をはじめとする野党は、宇都宮氏の支援の是非を含めて、方針を固めきれていない。

  • 東京都知事選は6月18日に告示、7月5日に投開票される
    東京都知事選は6月18日に告示、7月5日に投開票される
  • 東京都知事選は6月18日に告示、7月5日に投開票される

「都政について、都民について全く関心がない人を担いでどうするんですか!」

   宇都宮氏は記者会見で16年の出馬断念について

「選対のメンバーとも話して、苦渋の決断をしたことがあるが、今回はそういうことはしてはならないと思っている」

と説明。「地味」だという記者の指摘には、

「あんまり克服しようとしても、できないと思う。私は、今のままでいいんじゃないかと思っている」

と応じた。その理由として挙げたのが16年の野党統一候補の人選だ。いわく、「『名前が売れてて、勝てそうな候補で』ということを中心に野党候補は選ばれましたよね?」。

   鳥越氏は出馬会見で「知りません」を連発し、対立候補の公約も「関心がなかったから」読んでいないことを明言するなど、都政に対する知見のなさを露呈していた。宇都宮氏はこういった経緯を念頭に、

「あのとき鳥越さんは何と言ったかというと、『都政についてはこれから考えます』ということ。都知事選というのは、都民の政策をどうするかということがかかっている、そういう選挙だ。都政について、都民について全く関心がない人を担いでどうするんですか!」

などと語気を強めながら、鳥越氏を擁立した野党側を非難した。12年、14年の都知事選で共産党の支援を受けて出馬した宇都宮氏だが、今回の会見では。

「私が立候補(表明)するまでに政党との関係はないし、今まで政党に支援要請はしていない。これから応援したいという人が出てくれば、大変歓迎しますけどね」

と説明した。都知事選では、福祉を重視するなど政策面で近いとされる、れいわ新選組の山本太郎代表が出馬する可能性も指摘される。宇都宮氏は、仮に山本氏が出馬した際の対応についても、

「今回は、どういう候補が出てきても降りるつもりはない」
「それ(山本氏が出馬しても立候補を断念しないこと)は、もう当然。(宇都宮氏以外の候補者で)野党共闘ができても、降りないわけだから」

などと繰り返した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中