2020年 8月 4日 (火)

枝野さん、都知事選はもう...? 小池都政の評価は「東京都連に聞いて」

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

政権構想を表明も「党内議論を経たものではない」

   枝野氏はこの日の会見の冒頭、

「支え合う社会へ ポストコロナ社会と政治のあり方 『命と暮らしを守る』政権構想」

と題した理念を発表。新型コロナウイルスをめぐる問題で「新自由主義的社会の脆弱さ」「『小さすぎる行政』の脆弱さ」が明らかになったとして、「互いに支え合う社会」「未来志向の分散型経済」「信頼できる機能する政府」の実現を訴えた。

   「立憲民主党としては党内議論を経たものではない」といい、

「幅広い国民、有権者の皆さんから、多面的なご意見、ご提案をいただき、総選挙の公示までに、政権構想として最終的に取りまとめたい」

としている。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中