2021年 5月 7日 (金)

「風と共に去りぬ」単純に「差別表現の削除や差し替え」しない理由→「偏見の存在自体を否定することになる」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   2020年6月11日、米ワーナーメディアが10日までに、動画配信サービス「HBOマックス」上で映画「風と共に去りぬ」の配信を停止した。今後、歴史的背景の説明や批判を追記したうえで再掲するとしている。

  • 映画「風と共に去りぬ」より。左は黒人メイドのマミー役を演じたハティ・マクダニ
エル。右がヴィヴィアン・リー扮する主人公スカーレット・オハラ
    映画「風と共に去りぬ」より。左は黒人メイドのマミー役を演じたハティ・マクダニ エル。右がヴィヴィアン・リー扮する主人公スカーレット・オハラ
  • CNNの記事
    CNNの記事
  • 映画「風と共に去りぬ」より。左は黒人メイドのマミー役を演じたハティ・マクダニ
エル。右がヴィヴィアン・リー扮する主人公スカーレット・オハラ
  • CNNの記事

差別表現の削除や差し替えは、「偏見の存在自体を否定することになる」

   映画「風と共に去りぬ」は、同タイトルのマーガレット・ミッチェルの原作小説を映画化したもの。南北戦争前後のアメリカ南部が舞台で、激動の時代を生きた女性を描く。1939年12月15日に映画が公開されて以降、世界的に大ヒットを記録した。一方で、同作はアメリカ南部に住む白人の目線で書かれたものであり、奴隷制を肯定するような描写も含んでいるとされる。

   米ワーナー系列のストリーミングサービス「HBO Max」は、5月27日にサービスを開始。映画「風と共に去りぬ」も目玉のひとつとして配信を行っていた。しかし、奴隷の苦しみを描いた映画「それでも夜は明ける」の脚本を務めたジョン・リドリーさんは、映画「風と共に去りぬ」の配信を批判。6月8日の「L.A. TIMES」に掲載された意見記事で、「風と共に去りぬ」は、「南北戦争前の栄光」を賞賛し、「有色人種を最も痛ましいステレオタイプで描くものの一部」であると述べる。

   翌9日HBO Maxは、白人警官に暴行されて黒人男性が死亡した事件や、それに伴う人種差別への抗議運動を考慮するとして、この日に同作の配信を停止した。

   HBO Maxは、同作を「その時代の産物であり、残念ながらアメリカ社会ではありふれた民族や人種の偏見を描いている」と語り、歴史的背景の説明や批判を追記したうえで再掲するという。また、差別表現の削除や差し替えは、「偏見の存在自体を否定することになる」ために行わない予定だ。

歴史的文脈を含む映画をどう取り扱うか

   HBO Maxと同じくワーナーメディアの傘下であるCNNは10日にウェブ版で配信した記事の中で、この映画には多数の問題的要素を含んでいると述べる。そして、このような問題への取り組み方について、ディズニーのストリーミングサービス「Disney+」の事例を紹介する。「Disney+」では、「この番組は最初に作成された通りに表示されます。古い文化的な描写が含まれている可能性があります」という免責事項をつけたうえで、アニメーション映画「ダンボ」などの公開を行っている。

   CNNはこのような実態を受けて、「ワーナーメディアにとって、古い映画の文脈を理解することは新しい問題ではありません」とし、こう解説する。

「『風と共に去りぬ』をめぐる具体的な議論も新しいものではありません。しかし、HBOマックスが指摘したように、米国は今再び、人種問題の歴史や、人種への姿勢がその時代の文化や娯楽を通してどのように醸成されてきたのかにぶつかっているのです」

日本でも注意書きを設けて放送するドラマが

   日本でも歴史的背景に基づくドラマなどを放映する際に、注意書きを用いることがある。 テレビ神奈川は現在、2004年に放映されたドラマ「牡丹と薔薇」の再放送を行っている。同作は「ドロドロの愛憎劇」として高い評価を得る一方で、過激なシーンなど現在では問題となりえる要素が多数含まれる。そのために、再放送では冒頭に「これからご覧頂きます作品は一部不適切な表現も含まれますが作品のオリジナリティを尊重してそのまま放送させて頂きます」という注意書きを表示している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中