2020年 11月 26日 (木)

蓮舫氏「あなた、何のためにいるんですか」 北村大臣「ちぐはぐ答弁」を追及

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2019年9月の内閣改造で初入閣を果たした北村誠吾地方創生相(73)は、ちぐはぐな答弁を繰り返し、迷走しているとも指摘されている。

   今国会でも、担当する公文書管理を巡って、立憲民主党の蓮舫副代表(52)に突っ込まれ、立ち往生する場面があった。

  • 北村誠吾大臣がまた迷答弁(参院インターネット審議中継サイトの動画から)
    北村誠吾大臣がまた迷答弁(参院インターネット審議中継サイトの動画から)
  • 北村誠吾大臣がまた迷答弁(参院インターネット審議中継サイトの動画から)

「担当大臣が...」を連呼

   「よいしょ」。北村氏は、2020年6月11日の参院予算委員会で答弁に立ったが、億劫そうに歩いてきてこうつぶやき、新型コロナウイルス対策の専門家会議の議事録について説明を始めた。

   「担当の西村(康稔・新型コロナ対策)大臣の下で、ガイドラインを踏まえつつ」などと述べた後、「専門家会議につきましては、議論の内容が分かるよう、かなり丁寧な記録が作成されているものと承知している」とした。

   北村氏は毎回、周囲に確認を取って答弁が遅れるうえ、下を向いて文書の読み上げを繰り返している。

   蓮舫氏は「あのね、北村大臣」と呼びかけ、「勝手に大臣が独自の判断で『この公文書は残さないでいい』と判断しないよう、あなたがいるんですよ」と諭した。

   ところが、北村氏は、「担当の西村大臣が判断しておられる」と繰り返したため、蓮舫氏は、こう疑問を呈した。

「ちょっと待って下さい。あなたは、何のためにいるんですか?」

   その質問について、北村氏は答えず、用意した文書を読み上げた。

   専門家会議について、公文書管理法上の位置づけを蓮舫氏が再度ただすと、北村氏は、「担当大臣がご判断なさるところだろうと思います」と禅問答のように同じ答弁をした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中