2020年 8月 6日 (木)

宇都宮健児氏、山本太郎氏に「堂々と討論したい」 直前会見、改めて見せた意志

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   東京都知事選(2020年6月18日告示、7月5日投開票)に出馬を表明している元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)が6月15日に東京・丸の内の日本外国特派員協会で記者会見した。

   宇都宮氏の会見は13時開始。出馬説がくすぶり続けた、れいわ新選組の山本太郎代表(45)が14時から開くことになっていた会見に注目が集まる中での登壇だった。宇都宮氏は改めて「都民ひとりひとりの生存権がかかった選挙」などと基本政策を訴えながら、仮に山本氏が出馬表明した際の対応について「堂々とテレビ討論などで討論をしたい」などと話した。

  • 記者会見する宇都宮健児氏。山本太郎氏が出馬した際の対応について「堂々とテレビ討論などで討論をしたい」などと話した
    記者会見する宇都宮健児氏。山本太郎氏が出馬した際の対応について「堂々とテレビ討論などで討論をしたい」などと話した
  • 記者会見は「密」を避けて行われ、出席した記者の数も少なかった
    記者会見は「密」を避けて行われ、出席した記者の数も少なかった
  • 記者会見する宇都宮健児氏。山本太郎氏が出馬した際の対応について「堂々とテレビ討論などで討論をしたい」などと話した
  • 記者会見は「密」を避けて行われ、出席した記者の数も少なかった

「出馬」の第1報を聞いての反応は...

   宇都宮氏と山本氏は、福祉を重視するなど政策面で近いと受け止められている。宇都宮氏は5月27日に東京都庁で開いた記者会見で、山本氏が出馬した際の対応について

「今回は、どういう候補が出てきても降りるつもりはない」
「それ(山本氏が出馬しても立候補を断念しないこと)は、もう当然。(宇都宮氏以外の候補者で)野党共闘ができても、降りないわけだから」

などと話していた。

   山本氏の出馬で、いわゆる「リベラル票」が割れるのは確実。その一方で、宇都宮氏としては、山本氏との差別化も必要になる。記者会見で「仮に山本氏が出馬表明したら」という前提で差別化の方策について質問したところ、宇都宮氏は

「堂々と東京都が抱えている問題について論戦をして、東京都をよりよくするために、都民にとってより良いものにするために、どういう政策が重要なのか、堂々とテレビ討論などで討論をしたい」

などと説明した。

   会見終了直後に山本氏出馬の第1報が入り、記者が改めて

「しっかり論戦していきたい、ということか」

と確認すると、宇都宮氏はゲストブックを記入する手を休めて

「そうです」

と応じた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中