2020年 8月 10日 (月)

トニトニ詳細にファン泣き笑い シゲアキイズムで感激、歌割りは論争、そしてJ-FRIENDSの思い出が...

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

「ソロがあるグループもあるのに...」

   さらに、「smile」の歌割りも報じられた。インターネット上では、各グループやソロの担当量が話題となっている。ソロや担当量の多いグループもある中で、比較的最近結成されたグループの中には担当箇所が他グループと合同であったり、担当量が少なかったりするところもある。若手グループのファンはツイッター上で、

「ソロがあるグループもあるのになんでジャニストは7文字なの?」
「歌割りの【all全員】の1文をできたらSnow ManとSixTONESに別々に歌わせてあげて欲しかったなぁ、、」

といった、寂しさを隠し切れないコメントを漏らした。

   一方で、「J-FRIENDS『people of the world』の剛無双を知ってるから今回まだ控えめな方だと思ってる」といった宥めるコメントも寄せられた。「『歌い出しは堂本剛』って刷り込まれてきた」として、阪神・淡路大震災へのチャリティーユニット「J-FRIENDS」を挙げるファンもいた。このユニットの楽曲「people of the world」も複数グループによる合同ユニットだったが、ソロパートを剛さんが歌詞カードの行数にして約3割務めた。

   今回も「smile」の歌い出しは「KinKi Kids」の堂本剛さん。

「トニトニ歌割り、J-FRIENDS時代から『歌い出しはなにがなんでも堂本剛』という事務所の強い志がかわってなくて微笑ましい」
「トニトニの歌割りが予想通りゴリッゴリの年功序列で笑ってるwww そしてJ-FRIENDSの怒涛の堂本剛思い出す」

   と「ジャニーズらしい」として応援するツイートも投稿された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中