2020年 7月 13日 (月)

大石昌良、勝手に広告モデルにされる

印刷
公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   ミュージシャンでシンガーソングライターの大石昌良(オーイシマサヨシ)さんは2020年6月18日に自身をモデルにしたと思われる「広告」に反応した。

  • 画像は大石さんのツイッターから
    画像は大石さんのツイッターから
  • 画像は大石さんのツイッターから

「この広告もコラじゃないらしい」

   大石さんは18日の午前に自身が出演する金冠堂の液体外用薬「キンカン」のCMがテレビで放送されたことを報告していた。

   キンカンの瓶の上部に大石さんの顔が出現するという風変わりなもので、「キンカンのCM」という言葉が10時ごろにはトレンド入り。大石さんもこのトレンド入りについて「全国のお茶の間が戸惑った模様」とツイートした。

   まるで「コラ画像」のようなCMだと思ったからか、この流れで大石さんは

「この広告もコラじゃないらしい」

と、動画サイトの広告のような画像を投稿した。

   広告はユーチューブで問題化しているコンプレックス商品のCMと見られる、漫画調のもので、「ナオト先輩は新人研修の時の担当で見た目は大石〇良っぽい感じ」というモノローグが表示され、「ナオト先輩」らしきキャラクターは大石さんに似た眼鏡と髪型で描かれている。

   大石さんをモデルにしていると思われる広告に、ファンからは「こんなのあるんですか!!?」「確信犯すぎる」といったコメントが寄せられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中