2020年 11月 26日 (木)

上茶谷も... DeNAドラ1投手にまつわる気になる「ジンクス」とは?

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

   プロ野球が、きょう2020年6月19日開幕する。

   新型コロナウイルスの影響で3カ月遅れとなり、選手たちは練習試合を重ねてコンディションを上げている最中だが、DeNAには心配事が。ルーキーイヤーの昨年に7勝をマークした上茶谷大河が6日、右肘の違和感のため2軍で調整することになったのだ。

  • 戦力充実のDeNAだが…
    戦力充実のDeNAだが…
  • 戦力充実のDeNAだが…

チームにとって大きな痛手

   上茶谷は3日の練習試合・楽天戦に先発して3回6安打6失点。持ち味の直球に威力がなく、制球にも苦しみ痛打された。ラミレス監督が記者陣に語った説明によると、上茶谷は登板翌日の4日に右腕や右肘に違和感が出ていたという。開幕1軍は厳しい状況でチームにとって大きな痛手だ。

   DeNAはドラフト戦略が功を奏し、近年は14年が山崎康晃、15年が今永昇太、16年が浜口遥大、17年が東克樹、18年が上茶谷とドラフト1位の投手が即戦力として1年目から活躍している。

   一方で気になるのは好成績を収めた翌年に故障に見舞われていることだ。 今永は2年目の17年に11勝7敗と左のエースとしての座を確立したが、翌18年はシーズン前に左肩に違和感を覚え、本調子とは程遠い投球で4勝11敗と大きく負け越した。浜口も1年目の17年に10勝6敗をマーク。シーズン3位からクライマックス・シリーズを勝ち抜く「下克上」で日本シリーズ進出に大きく貢献したが、翌18年は春季キャンプから左肩の違和感が消えず、シーズンで4勝5敗と不本意な数字だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中