2020年 11月 30日 (月)

手越祐也退所に「ジャニーさんがいてくれたら...」 病に倒れてから、きのうで丸1年

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   2020年6月19日の夜に突如として発表された、「NEWS」の手越祐也さん(32)のジャニーズ事務所退所。手越さんがジャニーズを去ることについては、「どうして」「悲しい」「許さない」といったファンの悲鳴が続々と上がっているが、その中に、「ジャニーさんがいてくれたら......」といった声が上がっている。

   「ジャニーさん」というのはもちろん、2019年まで事務所の社長を務めた故・ジャニー喜多川さんのこと。同氏は生前、そのカリスマ的な指導力によって事務所をまとめ上げていたとたびたび報じられており、現在でもジャニーズファンからは伝説的な存在として位置付けられている。

  • ジャニーズ事務所(2020年撮影)
    ジャニーズ事務所(2020年撮影)
  • ジャニーズ事務所(2020年撮影)

「多分ジャニーさんだったら手越君辞めさせてなかったんじゃないかな...」

   そのため、あるツイッターアカウントは、「多分ジャニーさんだったら手越君辞めさせてなかったんじゃないかな...」と、ジャニーさんであれば、手越さん退所という事態は避けられたのではないかとツイート。手越さんをめぐっては以前からさまざまなスキャンダルが噴出。今年に入ってからは、自粛期間中「花見」「パーティー」「飲み歩き」が立て続けに判明し、5月26日に活動休止の処分を受けたばかりだった。

   専属契約は「合意解除」によるものと発表されているが、退所を「処分」だと考える手越ファンからは、ジャニーさんが社長であればここまでの処分はしなかったのではないか、と嘆きの声が噴出している状況だ。

   また、別のアカウントは、

「なんかタッキーになってから撮られた人への当たりが強くなったよな とりあえず処分せな。みたいな ジャニーさんだったら対立することもなかったかもしれんし退所までは行かなかったのかもね。ジャニーさんなら手越を手放した時の大きさを分かってそう」

   と、ジャニーさんが存命であれば、問題を起こした所属芸能人を排除せずに事務所内の対立をうまい具合に解消できたのではないかと残念がるなど、ジャニーさんがいなくなったことを悲しむ声は多い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中