2020年 12月 5日 (土)

「日替わり捕手」矢野采配に虎党不満 ボーア初安打も...単独最下位抜け出せるか

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   プロ野球の阪神は2020年6月24日、神宮球場でヤクルトと対戦し1-6で敗れた。先発ジョー・ガンケル投手(28)が初回に乱れていきなり3失点。5回には2番手・守屋功輝投手(26)が2点を失いリードが広がった。打線はヤクルト投手陣を打ち崩せず4安打1得点。連敗を止めたばかりのチームはこれで4敗目となり単独最下位となった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

4回以降は2塁すら踏めず...

   初回の3失点が阪神打線に重くのしかかった。ヤクルトの先発アルバート・スアレス投手(30)に対してランナーを出すものの、あと一本が出ない。3回には相手のエラーと糸原健斗内野手(27)のライト前ヒットで無死1、3塁としたが、糸井嘉男外野手(38)が併殺。この間に1点を奪うのがやっとだった。

   巨人との開幕3連戦で3連敗を喫し、23日のヤクルト戦で連敗をストップ。それでも流れが変わることがなかった。昨シーズンからの課題である打撃は低調が続き、チーム打率はリーグワーストの.209。24日のヤクルト戦でも貧打を露呈し、4回以降は2塁すら踏めなかった。

   投手陣も安定感を欠いている。昨シーズン、中継ぎの柱として活躍したピアース・ジョンソン投手(29)、ラファエル・ドリス投手(32)が抜けた穴は大きく、開幕から救援陣がピリッとしない。昨シーズンリーグトップのチーム防御率を誇ったが、開幕から5試合でチーム防御率はリーグワーストの4.61と低迷している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中