2020年 7月 15日 (水)

洋服の青山「透けハラ対策」キャンペーン一時中止 「あおっているような表現になってしまった」

印刷
ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   紳士服販売の「洋服の青山」(以下青山)は、シャツなどが透ける「透けハラ」を使ったキャンペーンを2020年6月24日にツイッターで行ったが、批判を受けて「一時停止」とした。

   一体何があったのか。展開を行う青山商事がJ-CASTニュースの取材に応じた。

  • 画像は「洋服の青山」公式サイトから
    画像は「洋服の青山」公式サイトから
  • 画像は「洋服の青山」公式サイトから

「みんなの #透けハラあるある を教えて」

   6月に入り、最高気温が30度を超える日も出てきた。こうした中の24日、青山は「透けハラ対策 Twitterキャンペーン」を実施し公式アカウントで

「緊急調査!みんなの#透けハラあるあるを教えて #洋服の青山の透けハラ対策シャツ&肌着でSTOP!#透けハラ」

などとツイートした(削除済み)。

   ハッシュタグを付けて「透けハラあるある」の投稿などを行った人に対し、通販で使える商品券を抽選でプレゼントするというものだった。しかし、ツイートには

「透けたくて透けてる人なんているんですかね。 どうかと思いますよ」
「着たくもないもの着てハラスメントだのなんだの言われる筋合いはありません。『ハラスメント』という言葉を軽んじる社風もまさに透けて見えますね」

といった批判が寄せられた。また、ハッシュタグ「#透けハラあるある」を付けたツイートでは

「ハラスメントっていうのは、マーケティングの為に冗談で使っていい言葉じゃないと思うんだけど」
「当事者同士の対話を無視して マーケティングのために 造語を生み出して 消費を煽り 存在しないハラスメントがあるように扇動して...」

といった声も上がった。

   青山は24日の22時30分ごろにキャンペーンのツイートを削除し、23時ごろには

「大変申し訳ございません。透けハラ対策キャンペーンを一時停止させて頂きます。『透けハラ』というメディア報道を受けて発信しましたが、弊社発信と誤解されてしまう表現になっていた為です。社内で再検討致します。CP参加は取り下げ時点までとさせて頂きます。大変申し訳ございません」

と謝罪した。

   このキャンペーンの趣旨や「一時停止」の理由について、青山商事の「リブランディング推進室」がJ-CASTニュースの取材に応えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中