2020年 7月 15日 (水)

後藤輝樹氏→スーパークレイジー君... 都知事選・政見放送の「順番」に視聴者ビックリ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2020年6月26日夜にNHK総合で放送された東京都知事選挙(7月5日投開票)の政見放送で、「トランスヒューマニスト党」代表の後藤輝樹氏(37)と、「スーパークレイジー君」代表の西本誠氏(33)が連続して登場したことが、視聴者の間で話題だ。

  • 後藤輝樹氏(2017年、東京都議会選挙出馬時)と西本誠氏(今月18日、都知事選街頭演説)
    後藤輝樹氏(2017年、東京都議会選挙出馬時)と西本誠氏(今月18日、都知事選街頭演説)
  • 後藤輝樹氏(2017年、東京都議会選挙出馬時)と西本誠氏(今月18日、都知事選街頭演説)

音声削除はされず

   今回の都知事選には22人が立候補し、政見放送が順次流されている。26日22時30分から始まった政見放送は山本太郎氏(れいわ新選組)、後藤氏、西本氏、七海ひろこ氏(幸福実現党、25日に撤退表明)の順で、後藤氏は2番目に登場。後藤氏と言えば2016年の都知事選にも立候補していたが、その際のNHKでの政見放送において音声を一部削除されたほか、特徴的な言動で話題を呼んでいたため、今回も注目が集まっていた。

   「皇歴2642年12月8日、降臨爆誕」「9連続落選」「輝樹塾塾長、輝樹教教祖、カリスマ、革命家、愛国者、救世主、神様、変人などなど」といった経歴紹介が終わって本編が始まると、画面に映し出された後藤氏は早くも服を脱ぎ始め、パンツ1枚の姿に。「国家権力クソ食らえ!」と叫びつつ机に仰向けになったかと思えば、椅子の上で立ち上がるなどの言動を見せつけた。

   さらに、注目すべきは、前回のNHKの政見放送では音声が複数個所で削除されていたものの、今回に関してはそれがなかったこと。放送中には、一般的に「放送禁止用語」とされている言葉が複数回飛び出したものの、それらがカットされることはなかった。

   このため、視聴者からは驚く声が続出したが、その後に続いた3番手の西本氏が登場するや、視聴者はさらなる驚きに包まれたのだった。

TOKYO MXでも連続で流れた

   「初めまして。わたくし、スーパークレイジー君代表・西本誠です」と、落ち着いた口調で語りだした西本氏。緊張した面持ちながら、公約として「風営法の緩和」「待機児童ゼロ」「ペットの殺処分ゼロ」を打ち出したほか、「若者みんなが選挙に行けば、日本がかわるのではないか」と、政治への思いを熱弁。加え、自身のSNSを見るよう呼びかけたほか、放送の最後には「口は下手でしたが、よろしくお願いします」と一礼するなど、「スーパークレイジー君」という政治団体名とは裏腹な内容で、放送を終えたのだった。

   このため、視聴者からはギャップに驚く声が上がったほか、後藤氏と西本氏の放送が並んでいたことにより、コントラストがすごかったとする声も続々と上がった。

   なお、26日は未明にもTOKYO MXで政見放送が流れており、ここでも後藤氏と西本氏は3番手と4番手であり、やはり連番。この時にも視聴者からは、対比に驚いたとする声が上がっていた。予想通りの奇抜さと、予想を裏切る真面目さという、2人の対照的な政見放送に、思わず見入ってしまった視聴者は多かったようだ。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中