2020年 7月 10日 (金)

G党「交代してくれてよかった」 DeNAラミレス監督の直感采配に「感謝」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロ野球のDeNAは2020年6月30日、東京ドームで巨人と対戦し2-5で敗れた。初回、先頭・梶谷隆幸外野手(31)、2番ネフタリ・ソト内野手(31)の連続安打などで2点を先制。以降は巨人先発の戸郷翔征投手(20)の緩急をつけた投球に苦しみ追加点が奪えなかった。6回に2番手・国吉佑樹投手(28)が巨人打線につかまり逆転を許し、8回に2本の本塁打でダメを押された。巨人との首位攻防戦を落としチームは3位に転落した。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

突然の交代劇に浜口キョトン

   この日の勝負所となったのは6回。先発・浜口遥大投手(25)が先頭の増田大輝内野手(26)に四球を与えた。続く丸佳浩外野手(31)を2ゴロに打ち取った。1点リードの1死1塁の場面でアレックス・ラミレス監督(45)が動いた。ここまで88球3安打の浜口に代えてマウンドに国吉を送った。突然の交代劇にマウンド上の浜口はキョトンとした表情で、すぐには現実を受け入れられないようだった。

   浜口の後を継いだ国吉は制球が定まらず、坂本勇人内野手(31)を四球で歩かせた。1死1、2塁の場面で巨人の主砲・岡本和真内野手(24)にライト前に運ばれ同点とされた。5番・中島宏之内野手(37)をセカンドフライに打ち取ったものの、ヘラルド・パーラ外野手(33)に三遊間を破られ逆転を許した。

   ラミレス監督は試合後、浜口の交代に関して「スタミナ」を理由に挙げた。浜口は前回登板の6月23日の中日戦で133球を投じている。ラミレス監督は浜口が5回から球速が落ちたことを指摘したが、浜口はこの日、坂本と岡本を2打数無安打に抑え込んでおり、交代を告げられた浜口の表情を見る限りラミレス采配には疑問符がつく。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中