2020年 8月 11日 (火)

巨人・原監督「公開説教」は期待の裏返し? 乱調沢村に「愛のムチ」も...

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   プロ野球の巨人が2020年7月1日、東京ドームでDeNAと対戦し3-5で敗れた。初回、増田大輝内野手(26)と丸佳浩外野手(31)の1、2番コンビで先制点を演出。4回は4本のヒットで2点を追加しリードを広げた。巨人先発C.C.メルセデス投手(26)は5回1失点でまとめたが、6回2死から死球とヒットで1、2塁としたところで降板。7回以降は中継ぎ陣がリードを守り切れず敗戦。チームは首位を死守したものの、2位DeNAと0.5ゲーム差となった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

指揮官が腕組みで沢村をベンチで叱責

   開幕から11試合目にして「勝利の方程式」にほころびが見え始めた。2点リードの7回。マウンドに上がったのはセットアッパー中川皓太投手(26)だ。中川は先頭・梶谷隆幸外野手(31)にレフト前に運ばれ1死後、タイラー・オースティン外野手(28)に四球を与えて1死1、2塁のピンチに。佐野恵太外野手(25)の投手ゴロの間にランナーが進塁し、2死2、3塁の場面で宮崎敏郎内野手(31)の打球はボテボテの投手ゴロだったが、中川がこれをキャッチできず1点を許した。中川自身、今シーズン初の失点となった。

   試合の流れがDeNAに傾き始めた8回、4番手・沢村拓一投手(32)が乱れる。自慢の直球は最速156キロを計測するもストライクが入らない。先頭・乙坂智外野手(26)を四球で歩かせ1死後、楠本泰史外野手(24)に再び四球。1死1、2塁となったところで原辰徳監督(61)は迷わず沢村を下げて高木京介投手(30)を投入。その高木は2死満塁からオースティンに走者一掃の3塁打を許し試合をひっくり返された。

   指揮官のイラ立ちの矛先は乱調で降板した沢村に向けられた。ベンチ内で沢村を呼びつけ「公開説教」を行った。原監督は腕を組みながら沢村を叱責。原監督が試合中にベンチ内で選手を説教するシーンは珍しく、投手陣のリーダーになるべき32歳のベテランの「失態」によほどご立腹したとみられる。裏を返せばそれほどまでに沢村に期待をしていたということ。原流の「愛のムチ」だったのかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中