2020年 8月 12日 (水)

メンタリストDaiGoが「モニタリング」に「イラッとくる」理由

公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   メンタリストのDaiGoさんは2020年7月2日にツイッターを更新し、バラエティ番組「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」(TBS系)に対して、「掌返してきたらまあイラッとくる」と指摘した。

   DaiGoさんはこれまで「モニタリング」で相手の心理を見抜くコーナーなどに出演し、人気を集めてきた。一方、この日放送された番組では「マインドハッカー」という肩書きの人物が「心理対決」を繰り広げていた。

  • メンタリストDaiGoが「モニタリング」にチクリ(画像はモニタリング公式サイトより)
    メンタリストDaiGoが「モニタリング」にチクリ(画像はモニタリング公式サイトより)
  • メンタリストDaiGoが「モニタリング」にチクリ(画像はモニタリング公式サイトより)

「テレビ業界が沈んでいくのを高みの見物してやるわ」

   DaiGoさんは人の心理を見抜く「メンタリスト」という肩書きで、これまで「モニタリング」を中心とするバラエティ番組などに出演してきた。近年は自身のYouTubeチャンネルでの精力的な活動が目立つ。

   DaiGoさんは7月2日夜に自身のツイッターで、

「別にテレビに出れなくても何も困らんけど、もともと心理対決みたいな企画でさんざんアイデアも出してたモニタリングとかが掌返してきたらまあイラッとくるよね」

   と、「モニタリング」を批判するツイートを投稿した。

   DaiGoさんは番組を批判した理由を明らかにしていない。ただ、7月2日夜放送の「モニタリング」では、「マインドハッカー」のトニー・ジャン氏が、ラグビープレーヤーの田中史朗選手や女優の川口春菜さんと「心理対決」を行うコーナーが放送された。

   コーナーの中でジャン氏は、テクニックを駆使して相手の心理に迫り、田中選手が頭に思い浮かべた人物の名前を当てたり、川口さんがついた「ウソ」を見抜いたりしていた。

   DaiGoさんが今回のツイートで触れた「心理対決みたいな企画でさんざんアイデアも出してたモニタリングとかが...」の記述は、2日放送の「心理対決」を受けたものとみられる。DaiGoさんは同じツイートの中で

「全然どうでもいいけどね、テレビ業界が沈んでいくのを高みの見物してやるわ。赤坂歩けなくなるのは誰なのか?数年後にわかるでしょうね」

   とも触れていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中