2021年 5月 19日 (水)

安斉かれんMステ登場、見所は? 初テレビ歌唱で挑むのは、あの「come again」生カバー

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   2020年7月10日の「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)に、歌手の安斉かれんさん(20)が初出演することが視聴者の間で話題だ。

  • 「ミュージックステーション」公式サイトから
    「ミュージックステーション」公式サイトから
  • 「ミュージックステーション」公式サイトから

「安斉かれん出るからMステ録画しとかないと」

   安斉さんといえば、7月4日に最終回を迎えたドラマ「M 愛すべきひとがいて」(同局系)で、歌手の浜崎あゆみさん(41)をモチーフにした「アユ」役で主演を務めたことで話題になっており、そのため、番組公式ツイッターでは「ドラマ『M』で話題の歌姫がTV初歌唱!」との文言があるほどだ。

   安斉さんは2019年5月1日のデビュー以降、メディア露出を極力避ける方向でプロモーションを行ってきており、同年10月には「第14回渋谷音楽祭」のステージに「鏡越し」で出演したことが話題になるなど、ドラマ放送開始までは「実在するのか?」といった声が上がるほどの「シークレットぶり」が話題となっていた。

   その安斉さんがドラマでの活躍を引っさげて初めて歌番組に出演するとあって、ネット上では「安斉かれん出るからMステ録画しとかないと」といった声がツイッター上で上がるなど、安斉さんへの期待が高まっていることが見て取れる。

新曲は「あゆ」との共通性指摘も...

   その安斉さんが同番組で披露するのは、7月22日配信開始のニューシングル「僕らは強くなれる。」と、「m-flo」の2001年のシングルのカバーとなる「come again」の2曲。そこで、本日の放送に合わせて、これら2曲のポイントに迫っていこう。

   まず、「僕らは強くなれる。」だが、安斉さんにとって5曲目となるシングルで、作詞は1~4枚目と同様に本人が作詞。歌詞には安斉さんが音楽の道を歩むきっかけとなったとされる、自身の高校時代の吹奏楽部での経験が描かれているほか、ミュージックビデオはブラスバンドで有名な京都橘高等学校の吹奏楽部とコラボして撮影したものだということで、まさに、安斉さんの人生が色濃く反映された作品となっている。

   なお、同曲に対してはツイッター上で、「若干Depend on you味を感じる」「一瞬、Depend on youかとオモタ」といった、浜崎さんの5枚目のシングル「Depend on you」に曲調が似ていると指摘する声も。

   そこで、双方を聞き比べてみると、前奏が「Depend on you」の間奏を彷彿とさせる感も。2019年5月1日のデビュー当初から「ポスト浜崎あゆみ」と呼ばれてきた安斉さんにとっては(「M」出演直後ということもあり)こうした声もある意味、「必然」なのかもしれない。

「生歌頑張ってほしいところ」

   次に、「come again」だが、同曲は前述の通り、「m-flo」の9枚目のシングルのカバーで、2020年5月13日に発売された「avex revival trax」に収録されている。同曲は独特の曲調からリズムの取り方が難しい楽曲とされているが、安斉さんは見事にカバーしたため、ツイッター上では「安斉かれんさんのcome again凄く好きなんです」「M-floのCome Againの完コピは完成度高すぎて面喰らったもんな」といった絶賛の声が続々と上がったのだ。

   このほか、「生歌頑張ってほしいところ」生放送の歌番組でも高いクオリティーを維持できるかどうかに注目する声や、「安斉かれんが歌うcome again好き! この人はこの路線の歌の方が良さが出る気がする!」と、安斉さん本人のテイストに合っているのではないかとする声も上がる。

   昨年のデビュー以降、初めてテレビで歌を披露することになる安斉さんへの注目度はうなぎ上りの状況だ。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中