2021年 1月 16日 (土)

山本太郎氏、自らの「優生思想」の芽にも言及 大西氏「命の選別」発言、なぜ「即刻除籍」しない?

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「自分も切り捨てられる側にいた」

   山本氏は取材直前に、れいわ新選組の公式YouTubeチャンネルの生放送で、大西氏を即座に除籍としなかった理由について触れている。山本氏は自身がまだ芸能界で活動していた際に起きた11年の福島第一原発事故を引き合いに出し、

「国は自分自身を救ってくれるだろうという考えになっていたが、実際はそうではなかった。『直ちに影響はない』という言葉を受けて、『自分も切り捨てられる側にいたのか』と感じた」

   とコメント。

   自分自身に「優生思想的なものも存在しているのかもしれない」「そういったもの、そういった芽がある」可能性について言及した上で「大西つねきさんの問題だけと考えるのは違う」とし、総会というプロセスを踏んで大西氏への処分を決めるとした。

   山本氏は7日発表したコメントの中でも、

「多くの人々の心の中にもあるであろう何かしらかの優生思想的考えに、光が当たったことを今回はチャンスと捉え、アジャストする責任が私たちにはあると考える」

   との見解を示している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中