2020年 8月 8日 (土)

泥沼6連敗のDeNA「投手バント」で球場沸いた背景 ラミレス采配にファンは...

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   プロ野球のDeNAは2020年7月21日、横浜スタジアムでヤクルトと対戦し4-6で負けた。

   先発マイケル・ピープルズ投手(28)が初回に青木宣親外野手(38)に先制の2ランを許す苦しいスタート。4回にはヤクルト打線につかまり4点を失った。打線は初回に3点を奪い逆転するも後が続かず。チームはこれで泥沼の6連敗となり借金「3」。7月に入って6勝11敗と失速している。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

ラミレス監督の手腕問われる結果に

   先発ピープルズが5回につかまった。先頭の坂口智隆外野手(36)にセンター前に運ばれると、2番、3番、4番に連続安打を許し、1つのアウトも取れずに3点を失った。5番・山崎晃大朗外野手(26)を1ゴロに打ち取ったところで降板となり、1死3塁で2番手・平田真吾投手(30)がマウンドへ。平田はアルシデス・エスコバー内野手(33)に犠牲フライを許し、この回4失点と突き放された。

   打線はヤクルト投手陣から10安打を放ちながらも4得点にとどまった。制球に苦しむヤクルト先発・原樹里投手(27)に対して毎回のようにランナーを出すものの、あと一歩詰め切れない。開幕から好調を維持する梶谷隆幸外野手(31)がこの日、2本の本塁打を放つもいずれもソロで、打線のつながりが見られなかった。

   チームは6月26日の阪神戦から勝ち負けを交互に繰り返しながら貯金を減らすことなく上位を維持してきた。7月15日の黒星以降、このパターンが崩れ6連敗。7月16日の中日戦の0-8完封負けを除けば、1点、2点差の接戦を落としており、アレックス・ラミレス監督(45)の手腕が問われる結果となっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中